セブンイレブンとローソン 「ミニ弁当」発売の理由は

ミニサイズの弁当なら副食との組み合わせの選択肢が広がる。写真はセブン-イレブンのミニ弁当「温玉チャーシュー」に総菜の「シャキシャキ野菜の蒸し鶏ザーサイ」を追加した例
日経クロストレンド

「ご飯は少なめにしたい」。主に女性からのニーズに応えたミニサイズの弁当が、セブン‐イレブンとローソンで次々に発売された。主食の量を抑えれば、サラダやデザートといった副食を自由に選べる。巣ごもり時間の増加で食への関心が高まり、「小容量」に注目が集まっている。小さいことは強みになる。

セブン‐イレブンが2021年5月に発売したのは、ミニサイズの弁当シリーズ「一膳ごはん」。11日に「脂の乗った炙り焼きさば」と「鶏とななたまのそぼろ」(共に税込み270円)、25日には「温玉チャーシュー」(税込み345円)と「和風カレー」(同321円)とラインアップを拡充している。

特徴は、ご飯を茶わん1杯分(一膳)に当たる約150グラムにしたこと。カロリーや糖質を気にし、ご飯を少なめにしたい女性に狙いを定めた。セブン&アイ・ホールディングスによると、「過去にも小容量の弁当を販売したことはあったが、当時は目立った伸長がなかった」と言う。明らかに消費者のニーズが変わっているのだ。

容器は片手でしっかりと握れるくらいの大きさ。一般的な弁当の熱量は600キロ~700キロカロリーだが、一膳ごはんはその7割程度
温玉チャーシュー(404キロカロリー)
和風カレー(447キロカロリー)

従来、弁当のカテゴリーでは女性より男性の購入のほうが多い。しかし、21年3月に神奈川県の一部エリアで一膳ごはんのテスト販売を行ったところ、女性の購入が増加。コンビニで弁当を買わない層からの流入もあり、5月の全国販売に至った。

小容量化に伴い、特にご飯の味付けを工夫しているという。例えば、「脂の乗った炙り焼きさば」ではあごだしで、「鶏とななたまのそぼろ」では鶏のだしでご飯を炊き、一体感のある味わいに仕上げた。

次のページ
このタイミングで「小容量」を押し出すのはなぜか
MONO TRENDY連載記事一覧