アジアから欧州目指し歩く移民 中継地で不安な日々

ナショナルジオグラフィック日本版

ボスニア・ヘルツェゴビナ北西部、ビハチの町。クロアチアに渡る直前、屋外キッチンで調理するパキスタンからの移民たち(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

アジアや中東から何千キロもの距離を歩き、ひそかに西欧をめざす移民たちがいる。警察の目を逃れ、犯罪者をやり過ごしながら国境を越えていくその危険な試みを、彼らは「ザ・ゲーム」と呼ぶ。

2015年、数千人の移民がギリシャから北上し、セルビア、ハンガリーを経由して西欧へやってくるようになった。しかし、17年、ハンガリーが国境の取り締まりを強化すると、ルートは西のボスニア・ヘルツェゴビナへと移った。

彼らはここから、欧州連合(EU)加盟国であり、西欧への入り口となるクロアチアに入国したいと考えていた。ボスニア・ヘルツェゴビナは、クロアチアと長い国境線で接しており、そこは山や川が多く取り締まりが困難なため、移民たちが西欧へ向かうルートの重要な中継地となった。

写真家のジヤ・ガフィッチ氏は、この1年間、母国ボスニアで移民たちの実像を記録してきた。「ゲームとは、より良い生活を手に入れるまでのプロセスのすべてを指しています」

ガフィッチ氏が取材を始めて以降、約7万人の難民・移民がボスニアを通過した。現在、ボスニアでは新型コロナウイルス感染症の第3波が発生しており、移民や難民をめぐる政治的・社会的な緊張が高まっている。

「歴史上ずっと、この国は人が去っていく場所でしたが、突然、EUの『門番』になったのです」とガフィッチ氏は言う。「ある意味、詩的です。けれど、私たちは彼らに基本的な安全を提供することができていません。煉獄(れんごく)のようなものです。ここにとどまって、国境を越える機会を待つだけなのです」

パキスタン人男性数十人がクロアチアへの国境を越えるべく、プリェシェヴィツァ山に向かって歩き始める(PHOTOGRAPH BY ZIYAH GAFIC)

国際移住機関(IOM)によると、パンデミック(世界的大流行)の影響で、19年から20年にかけてやってきた移民の数は半減した。それでも、同国の5つの受け入れ施設は満杯で、約4700人の移民、難民、庇護(ひご)希望者が滞在している(いずれも国際法上は別のカテゴリー)。

これらの人々の数は数字としては小さいものの、移民たちは危険な状態にある。原因はボスニアの政治体制の複雑さだ。

1990年代にユーゴスラビアから独立して以来、ボスニア・ヘルツェゴビナは2つの自治的な組織から構成されており、それぞれが独自の大統領と法律制定機関をもっている。一方で、国家元首は3つの主要な民族の間で8カ月ごとに交代する。95年の和平協定によって導入されたこの権力分立の仕組みが、迅速な決定を阻んでいるのだ。

次のページ
新型コロナウイルスの影響も
ナショジオメルマガ