大丈夫?イヤホン難聴 耳のダメージ、回復難しく

NIKKEIプラス1

オンライン会議でイヤホンを使う機会が増えた人もいるだろう。写真はイメージ=PIXTA
オンライン会議でイヤホンを使う機会が増えた人もいるだろう。写真はイメージ=PIXTA

職場でのオンライン会議に趣味の動画視聴、音楽鑑賞……。様々な場面でイヤホンを使う人は多い。つい音量を上げてしまうが、度が過ぎると、難聴の原因になりかねない。耳を休ませる時間を大切にしよう。

難聴には音を集めて鼓膜まで伝える外耳や音の振動を増幅する中耳に問題が生じる伝音性難聴、耳の奥の内耳に障害が起こる感音性難聴、その両方の混合性難聴がある。

イヤホンで大きな音を長く聞いていると、内耳に影響が出やすく、音響性難聴、いわゆるイヤホン難聴の恐れがある。耳鼻咽喉科学が専門の小川郁・慶応義塾大学名誉教授は「最初は聞こえの衰えを自覚しにくく、徐々に両耳で進行する」と警鐘を鳴らす。

内耳に位置する「蝸牛(かぎゅう)」という器官の中には、音の振動を電気信号に変えて脳に伝える役割を持つ「有毛細胞」が並ぶ。音の聞きすぎなどでこの有毛細胞が傷つくと、音を感じにくくなるという。小川名誉教授は「有毛細胞は一度壊れると元に戻らないため、聴力を回復させるのが難しい。最も大切なのは予防だ」と訴える。

予防するにはどうすればいいのか。基本はやはり大きな音を聞き続けないこと。世界保健機関(WHO)などによると、走行中の地下鉄の音に相当する80デシベルの音を1週間に40時間以上聞くと、難聴になる危険があるという。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント