「転職2.0」が到来 自分タグ付けと人脈づくりが大事リンクトイン日本代表の村上臣氏

従来の日本式の転職スタイルが変わろうとしている(イラストはイメージ=PIXTA)
従来の日本式の転職スタイルが変わろうとしている(イラストはイメージ=PIXTA)

新型コロナウイルス禍で一時的に減少した転職者の数は、20~30代の若年層中心に再び増加している。転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「これからのキャリア、転職2.0とは?」を開催した。リンクトイン日本代表の村上臣氏にオンラインでインタビューを実施、新たな転職時代とその対処法について聞いた。

人生100年時代 我慢しない働き方を追求

――これからの転職はどう変わりますか。村上さんの「転職2.0」というタイトルの著書も話題になっています。

「転職1.0」とはいわゆる「日本型雇用」と呼ばれる従来の日本式のやり方です。これに対してこれから「2.0」の時代が始まると思っています。最近、ジョブ型雇用という言葉が広がっていますが、これまでのキャリアの常識がすごい勢いで変わる中、若い人でも「1.0」の考え方から抜け出せていません。これはロールモデルがご両親であることが大きく影響していると思います。そこがアップデートされなければいけないと思います。最終的にみんなが自分らしく、我慢しない働き方ができるようにと思って、この本を書きました。

――「我慢しない働き方」というのが難しいですよね。

仕事は「我慢するもの」という考え方がありますが、仕事は人生の長い時間を占めるものです。「人生100年」と言いますが、そのうちの最大で80年くらいは働いているのではないでしょうか。日本企業の平均寿命は25年くらいですから、会社の寿命よりも自分の仕事人生のほうが長いわけですよね。望まなくても転職せざるを得ない状況ということです。それならば、会社に自分のキャリア形成を任せるより、自分で切りひらいていくほうが、自分らしい場所にたどり着けるでしょう。会社の思いと個人の思いが合っている状況が「我慢しない働き方」につながると思います。

――会社の思いと個人の思いが合っていれば非常にいいと思いますが、これもなかなか難しいことですよね。

思い出してみてほしいのですが、就職活動のとき「自己分析」をやったと思います。では、会社に入った後に同じようなことをやりましたか。「今年は何をやったのか」「来年は何をしたいのか」という自己分析を今でもやっている人は少ないと思います。少なくとも1年に1回ぐらいは「キャリアの棚卸し」を行って、自分が次にやりたいことに取り組む。それによってやりがいも感じやすくなると思います。

次のページ
自己を分析し、タグを付けてみる
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら