がん治療の副作用を改善 鍵は「頑張りすぎない運動」がんになっても働き続けたい~辻哲也さん(下)

がんで治療中の人は、副作用の出方や体力レベルがそれぞれに違う。座ったり、立ったり、できれば歩くというふうに、できるときにできることをやるくらいでいい。写真はイメージ=123RF
がんで治療中の人は、副作用の出方や体力レベルがそれぞれに違う。座ったり、立ったり、できれば歩くというふうに、できるときにできることをやるくらいでいい。写真はイメージ=123RF
日経Gooday(グッデイ)

働く世代のがん患者が仕事を続けるには、体力の回復・維持、身体機能の改善は大切な要素になる。近年、がんによる身体機能の低下や、手術など治療の過程で起こる障害に対するリハビリテーションが広がってきている。

自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。日本のがんのリハビリテーションをけん引してきた、慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室の辻 哲也教授に、前編「どんな『がん』でもリハビリ大事 体の機能低下を防ぐ」では、がんリハビリの役割を伺った。後編では治療中・治療後のリハビリの効果や運動の仕方を聞く。

運動が治療中の倦怠感を軽減する

――私は抗がん剤治療を受けていたときに、強い倦怠(けんたい)感に悩まされました。安静にしていた方がいいと思っていたのですが、2019年に第2版が出された「がんのリハビリテーション診療ガイドライン」[注1]には、化学療法・放射線治療中のリハビリが強く推奨されていて、「知っていれば運動したのに…」と残念な気持ちになりました。辻先生はこの診療ガイドラインの策定に携わられていますが、リハビリが強く推奨される理由をお聞かせいただけますか。

化学療法や放射線治療は、いろいろな病期のがん患者さんが行います。例えば乳がんの患者さんが手術後に根治率を高めるために補助療法として実施したり、進行したがんの患者さんなら延命のために行ったり、骨にがんが転移した痛みを止めるための治療だったりします。いずれにしてもこのような治療では、倦怠感や吐き気などの副作用がよく起こり、患者さんは「治療中だから安静にしないと…」とあまり動かなくなります。動かないと体力が低下し、疲れやすくなるからよけいに動かない、という悪循環が起こります。

しかし、身体機能や活動量をそれほど落とさないようにリハビリの運動療法を行えば、筋力や体力がついて倦怠感の症状がよくなり、体を動かすことで気分転換も図れます。すると、副作用が減り、治療を最後までやり遂げやすくなり、気分が上向きになり、総じて生活の質が上がります。もちろん、吐き気が強くて食べられないようなときに、無理に運動する必要はまったくありません。調子のいいときには体を動かそうと意識づけをし、寝た状態で不活動にならないようにしていくことがとても大事です。治療中は適度に運動し、治療後は社会復帰や元の生活に戻るために、しっかり運動することが重要になります。

[注1]公益社団法人日本リハビリテーション医学会 がんのリハビリテーション診療ガイドライン改訂委員会編『がんのリハビリテーション診療ガイドライン第2版』金原出版,2019.

有酸素運動と筋トレを習慣づけて

――がんで治療中、治療後の患者は、どれくらいの運動をしていくのがいいですか。

がんで治療中の方は、副作用の出方や体力レベルがそれぞれに違いますから、できるときにできることをやっていく、というくらいでいいと思います。とにかくベッドに寝てばかりいないで、座ったり、立ったり、できれば歩くというふうに。入院している方は病院内を歩く、通院治療中なら家の周りを散歩するところから始めます。この時期の運動の目安としては、疲れすぎず翌日も継続して行えるくらいがいいでしょう。調子が悪いときは休みます。そこから少しずつ歩くなどの有酸素運動に加えて筋トレ、ストレッチを組み合わせるのがよく、主治医とも相談して運動を習慣づけます。

治療後やがんの状態が落ち着き、もう少し強度を上げられる方は、中程度の有酸素運動(ウオーキング、ジョギング、エアロバイク、水泳など)を週に150分することが推奨されています。中程度というのは、例えば歩くなら会話はできるけれど、歌は歌えないというくらいです。1日に30分を週に5回、1日20分を毎日でも構いません。筋トレは1日おきに週3回(違う筋肉を鍛えるのなら毎日でも可)、例えばスクワットなら8~12回が目安です。筋トレは最後の1回がややきついと感じる強度を目安にします。このような運動ができる時期なら、スポーツジムなどに通うのも一つの方法です。ただし、運動していいかどうかは主治医に確認しましょう。

次のページ
運動習慣ががんの死亡率を減らす報告も
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント