powered by 大人のレストランガイド

唐揚げ専門店、個性派が続々 顔より大きい台湾名物も

女性スタッフの顔よりも大きい!「横濱炸鶏排」の「台湾唐揚」(1枚540円)がSNSで話題に
女性スタッフの顔よりも大きい!「横濱炸鶏排」の「台湾唐揚」(1枚540円)がSNSで話題に

サクサクの衣に、軟らかくジューシーな鶏肉。老若男女に長く愛されてきた鶏の唐揚げが、いま改めてトレンドになっている。新型コロナウイルス禍により外食の機会が減ったことで、ウーバーイーツなどのフードデリバリーサービスやテークアウトでの唐揚げ需要が増加。それを受けて、都内近郊でも唐揚げ専門店が続々登場した。テレワークが進む中、自宅で揚げ物は面倒という人も多く、おかずに、ビールのつまみにと様々なシーンで唐揚げが注文され、SNS(交流サイト)では台湾名物の唐揚げ店なども話題になっている。

バイキング形式のピザレストラン「シェーキーズ」を展開するロイヤルフードサービスは、唐揚げの新ブランド「カラアゲシェーキーズ」をスタートした。オリジナルの唐揚げ「シェキカラ」を主力に、2020年12月にオープンした吉祥寺店を皮切りに、既存のシェーキーズ店舗に併設する形で店舗を増やしている。

現在は4店舗で営業しており、全国の人気唐揚げ店がその味を競い合うイベント「第12回からあげグランプリ」(日本唐揚協会主催)では、東日本味バラエティ部門で金賞、また新進気鋭の店が選出されるNewWave賞も獲得した。

「シェーキーズ吉祥寺店」に併設の「カラアゲシェーキーズ 吉祥寺店」。オリジナルキャラクターの「シェキカラ番長」が目印

コロナ禍の影響で、シェーキーズの売り上げは19年度と比較して半減した。以前からピザやフライドポテトなどのテークアウトは行っていたが、さらに拡充させるため、新ブランド開発に着手。「これまで一部店舗のみでバイキングメニューに並んでいたフライドチキンのノウハウを生かし、和風の下味とシェーキーズのオリジナルシーズニングをかけ合わせた“洋風カラアゲ”を考案しました」(ロイヤルフードサービスシェーキーズ営業部部長の廿楽貴一さん)

「シェキカラ」は身を軟らかくジューシーにするため、ヨーグルトをベースにしょうゆとスパイスに鶏モモ肉をあらかじめ漬け込む。店のフライドチキンでも使用しているシェーキーズオリジナルのシーズニングを振りかけて揚げ、ザクザクとした食べ応えに仕上げている。1個は約50グラム。一般的な唐揚げは1個30グラム前後なので、一回り大きい印象だ。

「シェキカラ(プレーン)」(3個400円~。写真は5個650円)テークアウト用の箱を開けるとスパイスの香りが広がる

7種類の味から選べる「シェキカラフレーバー」(3個450円~)もラインアップしている。社内で50種類近くを試作した中から、辛いもの、甘いもの、和風味、エスニック味などをバランスよくそろえた。一番人気はチキン南蛮風の「甘酢&タルタル」で、しびれる辛さの「麻辣(マーラー)」、甘じょっぱい味がくせになる「キャラメルナッツ」など意外な組み合わせもある。

今後も既存店舗を活用し、「カラアゲシェーキーズ」ブランドをシェーキーズ全20店舗に展開していくという。「以前からテークアウト販売をしていたピザなどと比べたら、シェキカラはメニューとしてまだ定着していない。ピザと一緒におうちで楽しんでいただけるように頑張ります!」と廿楽さんは意気込む。

「カラアゲシェーキーズ」の7種の「シェキカラフレーバー」。「キャラメルナッツ」(手前右)など個性的な味がそろう
次のページ
台湾夜市の定番B級グルメ
メールマガジン登録
大人のレストランガイド