SKY-HI オーディション課題曲で伝えたかった「意志」連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(3)

日経エンタテインメント!

2021年中に新しいボーイズグループの誕生を目指して開催されているオーディション「THE FIRST -BMSG Audition 2021-」。このオーディションを主催する「BMSG」のCEOを務めるのが、AAAのメンバーとしても活躍するSKY-HI(日高光啓)だ。Huluや『スッキリ』(日本テレビ系)、YouTubeなどで配信・放送する「THE FIRST」は、現在候補メンバーを15人に絞り、1カ月の合宿形式による4次審査の真っ最中だ。

新しいボーイズグループ結成のためにオーディションを開催しているSKY-HI(日高光啓) (写真:上野裕二)

<<第2回「オーディションで順位を付ける意味と難しさ」

30人から15人に絞り込んだ3次審査で、SKY-HIは課題曲に、自分の楽曲『Sexual Healing』に加え、Da-iCE『BACK TO BACK』とw-inds.『Beautiful Now』という2つのボーイズグループの楽曲を選んだ。

Da-iCEはメジャーデビューから8年目を迎える5人組で、所属はSKY-HIこと日高光啓のAAAと同じエイベックス。w-inds.は2000年デビューの、ボーイズグループの先輩格だ。3次審査前の練習時間には、それぞれの楽曲を作ったDa-iCEの工藤大輝、w-inds.の橘慶太も参加者たちの応援に駆けつけた。

彼らの楽曲を選んだのは、オーディション参加者に伝えたい「意志」があったからだという。

自分はどんなアーティストであるか

「オーディションを考えたときから、この段階での課題曲は、Da-iCEとw-inds.、SKY-HIの3曲にしようと決めていました。なぜかと言うと、彼らは僕が立ち上げたマネジメント/レーベル『BMSG』や、このオーディション『THE FIRST』が目指しているボーイズグループの方向性をずっと追求してきた同志だからです。

全員の共通点は、まず、自分がどんなアーティストであるかという意志がある。意志でもエゴでも主張でもメッセージでもスタンスでもいいんですが、そういう心の部分を持っていること。心の部分ってすごく大事なんです。『売れるために頑張る』のは最高に素敵なことだけど、『売れるために何でもする』とか『売れてから好きなことをすればいい』っていうのは、あってはいけないことだと思っていて。それは音楽に対する冒涜(ぼうとく)だと思っています。まず、心の部分の意志は絶対に必要」

次のページ
自分が作った曲に心が打たれる
エンタメ!連載記事一覧