八天堂のクリームパンと雪見だいふくもコラボ

クリームパンで有名な八天堂(広島県三原市)とのコラボ商品を発売したのが、ロッテの「雪見だいふく」。カスタードアイスを餅で包み、やわらかいカスタードクリームを入れた「八天堂監修カスタードくりーむ味」(198円)が、21年5月17日から全国のスーパーやコンビニなどに並んでいる。

雪見だいふく八天堂監修カスタードくりーむ味。アイスの中央には、クリームパンを意識したカスタードクリームが入っている

雪見だいふくは1981年に発売し、今年で40周年を迎えた。長い歴史の中で、製パン業と本格的にコラボした初めての商品。市場へのインパクトは大きく、初週の出荷状況は前年を大きく超えて推移しているという。

「コラボのきっかけは、八天堂のクリームパンと雪見だいふくの丸いイメージが重なったこと。食べたときにとろっとした食感になるよう、何度も調整を重ねました」(ロッテ)。新型コロナウイルス禍においては旅行や遠出がしにくく、自宅時間が増えてストレスを発散しづらい。そんな気持ちを癒やそうと開発されたものだ。

次のページ
パンアイスの老舗が考えるヒットの理由とは
MONO TRENDY連載記事一覧