その数8000体 表情も服も違う兵馬俑、大量生産の秘密

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

兵馬俑坑の1号坑で発見された大量の兵士俑。それぞれの像は実物大だ(OLEKSIY MAKSYMENKO/ALAMY/CORDON PRESS)

中国の西安市に、中国初の統一国家である秦の始皇帝陵と兵馬俑坑がある。兵馬俑とは、古代の中国で死者とともに埋葬された、兵士や馬をかたどった像のこと。数千もの兵馬俑が出土したこの場所は現在、世界遺産に指定されており、年間数百万人の観光客が訪れる。

発見は1974年のこと。農民の楊志発さんが自分の所有する果樹園で井戸を掘っていると、鋤(すき)の先が何か硬いものに当たった。掘り出してみると、人間の頭部が出てきた。よく見ると、それは人骨ではなく、粘土でできていた。

楊さんの通報を受けて派遣された中国の考古学者たちが調査を進めると、驚きの事実が明らかになった。楊さんののどかな果樹園の下には、素焼きの粘土で作られた等身大の兵士の俑(副葬品の人形)が数千体、馬の俑が数百体、その他にも青銅の馬車や武器が眠っていたのだ。

兵馬俑坑は、これまでに1号坑から4号坑まで発掘が進んでいる。その中で最大の1号坑からは歩兵隊、2号坑からは射手、戦車、歩兵、騎兵の俑が見つかっている。2号坑は、その構成からおそらく野営地を表していると考えられる。3号坑はかなり小さく、位の高い将校の俑が納められていた。そして、最後の4号坑は空だった(ここに入れる兵馬俑が完成する前に始皇帝が死去したためという見方がある)。

今のところ、兵士俑は2000体以上発掘されているが、これはほんの一部にすぎない。全体で8000体はあるとみられ、まだ発見されていない坑もあるだろうと考古学者は考えている。

元々はどれも鮮やかな色で塗られた兵士俑は、軍における様々な役割や位を表していて、顔の形も身に着けているものも一体一体異なっている。2200年前にこれだけのものを作るには、莫大な資源と労働力が必要だったにちがいない。秦朝が成し遂げた軍事的・芸術的功績の偉大さを物語っている。

土のなかで、鮮やかな色がまだ残っている俑。空気にさらされると色が失われてしまうため、考古学者たちは2200年前の色彩が消えてしまう前に保存作業を急いでいる(ROBERT BURCH/ALAMY/CORDON PRESS)

統一と圧制

始皇帝は紀元前259年に誕生し、13歳で秦国の王座に就く。紀元前221年までに周辺諸国を征服し、自らを秦始皇帝と名乗るようになる。その短い治世の間に、中央集権化を推し進め、圧政を敷いた。また、文字、度量衡、貨幣制度などを統一し、万里の長城の建設に着手した。書物を焼き捨てた焚書(ふんしょ)や、知識人を弾圧したことでも知られる。

その始皇帝が自らのために西安近郊に築かせた巨大な陵墓は、彼がいかに豊富な資源を意のままにすることができたかを表している。建設には数十万人が動員され、周囲の地形や川の流れさえも変えられた。兵馬俑坑を掘った土を別の場所に運ぶにも、大量の労働者が必要だったはずだ。

次のページ
どうやって大量生産したのか?
ナショジオメルマガ