2021/6/11

「ひたむきな姿に共感しました」

左から、中谷修子役の秋田汐梨さん、坂本健介役の林翔太さん、そして杉山遼役の筒井さん
愛知県出身の筒井さん。7月9日には凱旋公演も予定している。「地元の名古屋でできるのはうれしいです。家族が見てくれるのは緊張もしますけど、成長を感じてもらえるように頑張ります」
筒井さん演じる遼は関西弁を話す。「関西弁は難しいですけど、方言には憧れがあったので、舞台で喋れてうれしいです。同期に大阪出身の早川聖来がいるので、細かいニュアンスを教えてもらいました」

「渋いものには引かれます」

のおうちにも欲しいです」

【記事本編はこちら】乃木坂46筒井あやめ チークは齋藤飛鳥からの贈り物

筒井あやめ 2004年生まれ。愛知県出身。18年11月に乃木坂46の4期生としてグループに加入。19年9月にリリースされた24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』ではフロントメンバーに抜てきされ、注目を集めた。乃木坂46の次世代を背負うと期待される最年少メンバー。

『目頭を押さえた』

関西圏の山間にある集落を舞台に、写真家としての才能を開花させていく高校3年生の杉山遼(筒井あやめ)と、彼女のいとこであり同級生でもある中谷修子(秋田汐梨)を軸に、家族や教師たちの人間模様が描かれる――。

作・横山拓也 演出・寺十吾 出演・筒井あやめ(乃木坂46)、秋田汐梨、林翔太、枝元萌、橋爪未萠里、大西由馬、山中崇、梶原善

2021年6月4日(金)~7月4日(日)

東京・東京芸術劇場 シアターイースト

2021年7月6日(火)・7日(水)

大阪・サンケイホールブリーゼ

2021年7月9日(金)

愛知・名古屋市芸術創造センター

(文 中山洋平、写真 藤本和史)

MONO TRENDY連載記事一覧