古い遺骨でがんを見つける精度を高めるために、ミッチェル氏と研究チームは、現代の患者の診断に使用しているのと同じCTスキャナーとX線装置を用いて143体の成人の骨を分析した。遺骨は、英国のケンブリッジ周辺にある紀元6~16世紀初頭の6つの中世の墓地から集められた。

今回の研究で分析された遺骨の一部は、英国ケンブリッジのセント・ジョン・ジ・エバンジェリスト病院跡地で発掘された(PHOTOGRAPH BY CAMBRIDGE ARCHAEOLOGICAL UNIT, ST JOHN'S COLLEGE)

チームは、CTとX線を組み合わせたミッチェル氏の判断と、英ピーターバラ市立病院の放射線科医アラステール・リトルウッド氏の所見が一致した場合にのみ、がんと診断した。この二段階の診断方式により、対象となった骨の大半はがんと診断されず、最終的に143人中5人の骨にがんが見つかった。

だがこの数字は、対象となった故人がかかっていた可能性のあるがんを完全に捕捉できてはいないはずだ。現代のがんによる死亡者のうち骨に転移している人の割合は3人に1人から2人に1人であり、CTスキャンで骨のがんが検出されるのは75%程度である。こうした数字を中世の遺骨に適用したところ、産業革命以前の英国人が生涯でがんにかかる確率は9~14%だったと推定された。この値は、従来説の約1%に比べて10倍にもなる。

血液や組織を検査して他の病気の可能性を除外することができないため、今回の研究で確認されたすべての骨病変ががんによるものかはわからない。また、単一の地域で得られたサンプルを用いており、必ずしも中世初期の英国全体の傾向を表しているとは限らない。ただしミッチェル氏によれば、ケンブリッジは当時の英国としては「非常に平均的」な町だったという。

工業化以前の病気の実際

今回の研究は、中世の病気にまつわる固定観念を揺るがすものだ。これまでは、感染症、栄養失調、そして戦争や事故による負傷が、中世の3大疾患だと考えられてきた。

「これは生物考古学と古病理学の分野における素晴らしい一歩です」。生物考古学者であり、古代のがんを調査する研究者組織「Paleo-oncology Research Organization」を率いるロゼリン・キャンベル氏は言う。なお、氏は今回の研究には参加していない。

X線装置を利用できる考古学者は増えてきているが、資金不足や運用上の困難から、CTスキャナーを利用できる研究者は少ないという。より多くの研究者がCT技術を活用できるようになってほしいと氏は願っている。

ナショジオメルマガ