143の遺骨で検証 産業革命前のがん患者、定説の10倍

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

「死の勝利」を描いた15世紀イタリアの作者不明のフレスコ画。一般に中世の3大疾患は、感染症、栄養失調、そして戦争や事故による負傷だったと考えられている(ART VIA WERNER FORMAN ARCHIVE, BRIDGEMAN IMAGES)

現代では、英国人の半数以上が一生のうちにがんと診断されると言われている。一方で考古学的証拠から、産業革命以前には、がんにかかる英国人は1%程度だったと考えられてきた。

だが、2021年5月4日付で学術誌「Cancer」に発表された論文では、この1%という見積もりは小さすぎた可能性が指摘されている。

研究では、現代のがん検出ツールを用いて、数百年前に埋葬された遺骨を分析した。その結果、産業革命以前の英国人ががんにかかる確率は、これまで考えられていたより少なくとも10倍以上高かった可能性があることが明らかになった。

この研究を主導したのは、英ケンブリッジ大学のピアース・ミッチェル氏だ。同大学の考古学科で古病理学の研究を行うかたわら、英国の国民医療制度(NHS)の病院でがん患者の整形外科手術を担当している。

人類学においてはこれまで、産業革命前には環境中の発がん性物質の量が大幅に少なかったために、英国人のがん発生率は現在よりもはるかに低かったとされてきた。しかし、現代の患者を診てきた経験から、ミッチェル氏はこうした見方にずっと懐疑的だった。

工業化以前の英国に発がん性物質がなかったわけではない。人々はアルコールを日常的に摂取し、薪や石炭を燃やした時に出る汚染物質にさらされ、加齢に伴って細胞が突然変異するリスクも抱えていた。しかし、がんの脅威が著しく増大したのは、16世紀に英国に入ってきたタバコや18世紀以降の産業活動で発生した大気汚染などに含まれる発がん性物質が、人々の日常生活に入り込んでからのことである。

表面だけではわからない

これまでの研究では、産業革命以前の人々ががんだったかどうかを、主に遺骨の目視評価に頼っていた。つまり、特定のがんの広がりを示す特徴的な病変があるかどうかを調べていた。

ミッチェル氏は、過去の時代のがんが過小評価されてきた理由はそこにあると考えている。がんの大部分は軟部組織で発生し、骨に転移するものは骨髄から外側に向かって広がる。そのため、骨の外側だけを見てもわからない部分が多いのだ。

次のページ
工業化以前の病気の実際
ナショジオメルマガ