チューリップとコロナ禍 オランダの花産業の変化

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

オランダ、リッセ近郊の畑でチューリップを収穫するパトリシア・パスミク氏とドミニカ・シアラネック氏。市場に出す前に花びらが失われないよう、手作業で花を摘む(PHOTOGRAPH BY MUHAMMED MUHEISEN)

世界のチューリップの約90%を生産するオランダ。その有名な花市場は、過去に危機に陥ったことがある。最も知られている例は、1630年代のチューリップバブルだ。1つの球根の価値が平均的な労働者の年収の10倍にまで高騰した後、1637年に突然市場が暴落した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が襲った2020年の春、価格が最低の水準には至らなかったものの、ロックダウン(都市封鎖)や市場の閉鎖により、チューリップや球根の世界的な需要は大幅に減少した。オランダの生産者は、何億本ものチューリップやスイセンなどの花を廃棄するか、例年よりもはるかに安い価格で販売しなくてはならなかった。

「20年にオランダで取引された花や植物は合計114億個で、19年に比べて7.8%減少しました」と、業界のコングロマリットであるロイヤルフローラホランド社のミシェル・ヴァン・シー氏は話す。同国の輸出は、19年の62億3500万ユーロ(約8300億円)から、20年には59億7400万ユーロ(約7900億円)に縮小している。

観光業とともに、オランダの花市場は大きな打撃を受けた。レストランやホテル、結婚式などのイベントでの需要は激減。3月中旬から5月上旬までのチューリップの開花時期に、農場、販売者、競売所、観光業に大きな影響が出た。

「0.05ヘクタールの温室1つ分のスイセンを枯らせて、機械で破壊しなければなりませんでした」と、ノールトウェイケルハウトで花農場を経営するクラース・ヴァン・ヘイジ氏は語る。多くの生産者がそうであるように、ヴァン・ヘイジ氏も20年には収穫した花の約10%を廃棄しなければならず、細断して堆肥にしたり、花を慈善団体に寄付したりした。

「20年には合計で32ヘクタールの球根を植えました」。そう話すのは、北オランダで夫のロナルド氏とともに、チューリップ、スイセン、クロッカスの農場を経営するキャロライン・ディグナム氏だ。「手間暇をかけた、たくさんの球根を処分しなければならないのは、悲しいことでした」。夫婦で植えた25ヘクタール以上のチューリップの球根のうち、3ヘクタール分を堆肥化し、約18万ドル(約1900万円)の損失を出した。

新型コロナは花の競売にも大きな影響を与えた。通常、平日の競りでは、数百人の入札者が巨大な倉庫に入り、売り場の上にある2階の通路からチューリップやバラ、スイセンなどを品定めする。競りは「ダッチ・オークション」と呼ばれるオランダ式で行われ、価格は高いところから始まって、入札されるまで下がる。

同社の競売人であるマルヤン・ヴァン・デル・プラス氏は、「パンデミック前は、一度に900人近くが入札に参加できました」と語る。現在は、100人ほどしか中に入ることができず、オンラインでの入札も多い。

「個人的な交流が恋しいですね」。同じく、同社の競売人であるリンダ・デ・ロイター氏はそう言う。「バイヤーがステージ上で自分の目で商品を見ている時の、あの感覚が、今はもうないのです」

次のページ
「今年はみんな楽観的です」
ナショジオメルマガ