仲間との食事で元気に スタジオジブリ・鈴木敏夫さん食の履歴書

NIKKEIプラス1

鈴木敏夫 スタジオジブリ・プロデューサー=三浦秀行

小さな丸メガネの奥。悪戯(いたずら)っぽい瞳ながら、眼光炯々(けいけい)。心を見抜かれたような気持ちになる。スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫さん(72)は、日本アニメを国内外に知らしめた立役者だが、原動力は才能や手腕ではなく「食べるため」と言い切る。

「お米、水に浸しとくね」。夕食の支度をするスタッフたちが気になるのか幾度も足を運ぶ。料理はからきしだが、1日3度、キッチンでの無駄話は格別だ。家族や仲間と食卓を囲むことはルーティンの一つ。理由は、「おいしそうに食べる人たちから元気をもらえるから」。

にぎやかな食事が当たり前の光景だった。既製服の製造販売を営む両親と妹の4人家族で名古屋市で育った。十数人いた社員と長テーブルを囲み、毎昼、総菜屋から届く弁当を食べる。「食事は大勢でするものって、すり込まれちゃったのかな」と振り返る。

「食べることは生きることだった」と言い切る。幼年期は戦後の復興期、「出されたものを黙って食べなさい」が母の口癖。小学校には弁当を持ってこられない同級生が数人いた。おいしい、まずいに関係なく食べ物があることで幸せだった。

焼き魚、野菜の煮付け――。両親が共働きだった鈴木さんには、近所のスーパーや総菜屋で買ったおかずが「おふくろの味」だ。中学高校時代の弁当はごはんと缶詰1つ。「母の忙しさは理解していたけど、恥ずかしかった」

とはいえ、合理的な考えだと振り返る。幼年、青年期に大勢で楽しんだ“食”にまつわる経験がプロデューサーとしての礎につながった。

注目記事
次のページ
3代目独自の土鍋ご飯