江口のりこさん 我が道を歩みながら確かな居場所築く

最近はテレビドラマの世界において「バイプレーヤー」というワードとともに、脇役俳優さんたちへの関心が高まっています。この1年、脇役として立て続けにその姿を見ることが多かった役者さんと言えば、江口のりこさんになるのではないでしょうか。

(イラスト:川崎タカオ)

昨夏の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)でのこわもての女性大臣役は大きな反響を呼びました。その後に放送された『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)では、主人公の産業医をやさしい包容力でサポートする精神科医になりきりました。

年明けから演じたのは、『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系)で主人公が勤務する倉庫をグループリーダーとして仕切るぶっきらぼうな独身女性。同時期に放送された『俺の家の話』(TBS系)では、能楽一家・観山流宗家の長男である主人公の妹として生まれながら、息子に宗家を継がせることを願っている母親役でした。

このように多様な役柄を演じ分け、与えられた役割を果たし、確実な存在感を残しているのが江口さんの特徴と言えるのかもしれません。

その実力は映画界においても発揮され、昨年公開された映画『事故物件 恐い間取り』では、主人公に事故物件を紹介するミステリアスな不動産屋を演じ、「第44回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞しました。

民放の連続ドラマに初主演

今春からは人気ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)で主人公・桜木建二の難敵となる学園理事長に扮(ふん)し、その存在感とともに、ビシっと決めたスーツ姿も話題となっています。

そんな江口さんが民放連続ドラマ初主演を果たしているのが、現在放送中の『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系)です。「ソロ活」のスペシャリストでコラムニストの朝井麻由美さんの著書『ソロ活女子のススメ』を原案にしています。

ソロ活とは「ひとり焼き肉」「ひとりカラオケ」「ひとりキャンプ」など、単身で外食やレジャーを楽しみ、好きな時に好きな場所で、1人でしか味わえないぜいたくな時間を過ごし、おひとりさまの気楽さ・自由さを謳歌する活動のことを言います。

単身のソロ活といっても「決して人嫌いなわけではなく、楽しいからソロで活動しているのだ」というスタンスが、世代を問わず多くの女性たちの共感を呼んでいるようです。

会社の同僚から歓迎会に誘われるものの、誘いを断り足早に退社する。我が道をさっそうと闊歩(かっぽ)する主人公の自立した姿は、多くの女性たちが憧れる生き方の1つなのかもしれません。

実は、このドラマの主人公を演じている江口さん自身も、異色の経歴の持ち主で、我が道を歩んできた人物として知られています。これまでの情報によると、中学を卒業後は高校に進学せず、単身で上京し、住み込みで新聞配達の仕事をしながら、劇団東京乾電池の研究生生活を送るという青春時代を過ごしてきたそうです。

2002年に22歳で映画デビューを果たしてからは、映画やテレビドラマの世界で地道に役者としての仕事に励み続け、いつのまにか「あのドラマにも出ていた女優さん」という印象に残る脇役女優として定着するようになりました。

人に媚びず、人目を気にしない

その過程で江口さんは様々な経験をしてきたそうです。18年2月に放送されたトークバラエティー番組『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』(日本テレビ系)のなかで、大物女優の泉ピン子さんとのやりとりを通してトラウマになっているエピソードを紹介しています。

次のページ
1人でもいいし、誰かといるのもいい