脂肪を燃やすコツ 午前より午後、運動前にカフェイン

日経Gooday

運動前のカフェイン摂取が、脂肪の燃焼を高めることがスペインの研究で示されました。(写真/123RF)
運動前のカフェイン摂取が、脂肪の燃焼を高めることがスペインの研究で示されました。(写真/123RF)
日経Gooday(グッデイ)

日ごろから運動している男性が有酸素運動の30分前に多めのカフェインを摂取すると、運動中の脂肪の燃焼が活発になる―。そんな研究結果が、スペインから報告されました。同じ運動でも、午前より午後に、それもカフェイン摂取後に行った方が、脂肪の燃焼は大きくなっていました。

カフェインは運動後の疲労回復に役立つことが知られていた

 これまでに行われた研究では、運動時の脂肪の燃焼は午前より午後のほうが活発に起こること、また、アスリートにおいては、持久力を必要とする有酸素運動の能力は、朝と夜は低く、午後に最も高くなることが示されていました。また、カフェインは、有酸素運動とレジスタンス運動(筋肉に負荷をかける動作を繰り返し行う運動、いわゆる筋トレなど)のいずれにおいても疲労の回復に役立つことが示唆されていました。さらに、カフェインを摂取すると、運動能力の日内変動が小さくなることを示した予備的な報告もありました。

 今回、スペイン・グラナダ大学などの研究者たちは、カフェインの摂取が、運動中の脂肪燃焼と有酸素運動の能力の日内変動にどう影響するのかを知るために、以下のような研究を行いました。

 実験に参加したのは、15人の健康な男性(平均年齢32歳)ボランティアです。BMI(体格指数)は18.5~28(平均は25.6、日本肥満学会の基準では25以上が肥満に該当)で、全員が非喫煙者であり、日常的なカフェイン摂取量は1日に50mg未満でした。全員が、週3回以上の持久力トレーニングを、最低2年間継続していました。

 実験では、これらの男性に、1週間おきに計4回、自転車エルゴメーターを用いた運動を行ってもらいました。実験のタイミングは午前または午後とし、運動開始の30分前に飲むドリンクとして、カフェイン飲料(体重1kg当たり3mgのカフェイン粉末を250mLの水に溶かしたもの)またはプラセボ飲料(セルロース微結晶を250mLの水に溶かしたもの)のいずれかを用意しました。どちらの飲料も無臭・無着色で、外見上も区別ができない状態でした。これら「午前・午後」「カフェインあり・なし」の条件を組み合わせた4通りの実験を、ランダムな順番で全て経験してもらいました。

次のページ
カフェイン摂取後に運動した方が脂肪燃焼と持久力が上昇
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント