日経xwoman

2021/6/17

家族だからうまくいくとは限らない

かけがえのない子どもやパートナー。距離が近いからこそ、うまくいかないときもあり、子育てや夫婦関係において後悔を感じている人もいます。その経験を、今の人生にどう生かしているのでしょうか。

■子育てにおける後悔…子どもに声を荒らげてしまった
 10年ほど前、長男が3歳から5歳くらいの頃、子どもに声を荒らげてしまった時期がありました。例えば、お出かけの日に乗ろうとしていた電車に乗れなかったとき、自分の怒りを「〇〇(息子の名前)の支度が遅かったから」と、彼のせいにして理不尽にぶつけていました。言葉だけでなく、手を上げてしまったこともあります。

本当は、子どもが悪いわけではなく、自分が処理しきれない感情を、弱い存在である子どもにぶつけているだけだと、頭では分かっていました。あのときの子どもの悲しそうな目……。思い出すと、今でも申し訳なくて涙が出ます。

 まずは、自分で自分の非を認められるようになること。そして、怒りが噴出して止められなくなりそうなときは、とにかく子どもと離れること。違う部屋に移動をしたり、可能であれば家族にお願いして数時間でも離れる時間を作るようにしたりして、乗り越えるようにしました。(教育/専門職/年少と中1以上のママ)
子どもに声を荒らげて後悔することも(写真はイメージ=PIXTA)
■夫婦関係の壁…離婚経験をビジネスに生かす
 大学を卒業してすぐに結婚と離婚。その後、2度目の結婚で生まれた子どもが9歳と10歳の頃、再度の離婚。相手の会社が倒産し、転職によって生活時間帯が変わり、夫婦の会話がなくなったことがきっかけでした。2回ともけんかをしない円満離婚でしたが、本質は相手と向き合っていないだけでした。

 それが明らかになったのは子どもたちの反抗期。子どもたちが複雑な感情を抱えているのに、ワンオペで忙しかった私はきちんと向き合えず、子どもたちは口をきかなくなったり、家出したり。私は元夫が子どもたちと会うのを快く思っていませんでしたが、このとき初めて元夫に頭を下げ、「子どもたちが困ったら、いつでも電話をさせてあげてほしい、いつでも声を聞いてあげてほしい」と頼みました。そこから子どもたちに逃げ場ができ、気を使わずにパパに会えるようになったことで表情や態度が激変し、私との関係も改善しました。

子どもとも元夫とも、本音で向き合うことの大切さを知りました。今、子どもたちと私は3人それぞれ一人暮らし。とても仲良くなり、月に一度はご飯を食べたり、旅行に行ったりを楽しんでいます。その後、私は離婚時の住宅ローンのカウンセリングを行う現在の仕事に就きました。離婚、子育てを経験した私だからできる仕事だと思っています。(共有名義不動産問題研究所 入江寿さん/19歳と20歳のママ)

人生は七転び八起き、失敗しない人なんてきっといないでしょう。大切なのは、失敗の経験をどう捉えて、学びに変えるか。もしかしたら、世間的に「失敗」とされている出来事でも、自分にとっては「かけがえのない経験」に変換できるかもしれません。

(構成・文 久保田智美=日経xwoman DUAL)

[日経xwoman 2021年5月26日付の掲載記事を基に再構成]

私が描く、選ぶ、動き出す。/世代別&世代をクロスした情報を発信するWebメディア

20~30代向けの「doors」、働くママ・パパ向けの「DUAL」、40~50代向けの「ARIA」で、各ライフステージでのさまざまな働き方や生き方、本音の詰まった共感ストーリーをお届けします。また、健康・美容、マネーの深掘り情報や、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマをタイムリーに発信。動画コンテンツやセミナー・イベントを通して、自分磨きや仕事のノウハウも学べます。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、メルマガをお届け。有料登録の方は、『日経xwoman』の特集や連載をすべてお読みいただけます。