Wi-Fiルーターの規格とアンテナ数は、メーカーのウェブサイトで確認できる(図6)。

図6 Wi-Fiルーターの性能を確認。規格やアンテナ数は、メーカーのウェブサイトなどに記載されている

一方、パソコンのほうはアンテナ数が公表されていないことが多い。そうした場合、Wi-Fiモジュール名を基に部品メーカーのサイトで確認できることがある(図7図9)。

図7 数年前のパソコンはアンテナ数が公表されていないケースが多い。そんなときは通知領域の接続アイコンをクリックし、利用している接続の「プロパティ」をクリック(1)(2)
図8 「説明」欄に表示されているWi-Fiモジュール名を確認する
図9 図8のWi-Fiモジュール名でネット検索する(1)。モジュールによってはアンテナ数が公表されている(2)

古いLANケーブルは要注意

Wi-Fiルーターは、モデムなどの機器とLANケーブルで接続する。念のため古い規格のケーブルを使っていないか確認しよう。回線が速い場合、古いケーブルでは力不足だ(図10)。

図10 Wi-FiルーターのWAN側端子をプロバイダーから提供された機器(モデムなど)とLANケーブルで接続する。性能が低い旧式ケーブルをうっかり使っていると、そこがボトルネックになり得る

(ライター 岡野幸治)

[日経PC21 2021年7月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧