情報機器はもちろん、家電製品も要注意だ。近年の家電は高度に電子制御化され、ネットワーク端末化も進んでいる。冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど様々な電気機器が被害にあう可能性がある。

昨今の住宅の配線の複雑さも雷被害を招きやすくなっている。雷サージの侵入経路そのものが増えているのだ。

雷サージへの対策も必要

コンセントなどの電源線だけではなく、電話線、ケーブルテレビ回線、テレビのアンテナ線、LANケーブルなど、雷サージの侵入経路が多様化している。雷被害対策仕様の電源タップで対応するだけでは不十分で、電話線やアンテナ線を伝って侵入する雷サージへの対策も必要。特にテレビやLAN配線されたデスクトップパソコン、固定電話など「侵入経路が複数あると被害に遭いやすい」(同)。

高層マンションを含む高さ20メートルを超える建物は避雷針の設置が義務付けられている。しかし避雷針があるからといって安心ではない。避雷針は雷から建物を守るもので、建物内の電気機器を守るものではないからだ。

電気機器は本体のスイッチが入っていなくても、電源線や通信線と本体がケーブルでつながっている以上、線を通じて雷サージの被害を受ける危険性がある。したがって、最も簡単な対策はコンセントを抜くことだ。

とはいえ、外出中だったり、給湯器のようにコンセントを抜きにくかったり、冷蔵庫のように長時間コンセントを抜けない電化製品もある。こういう場合は、雷対策機器で対応するしかない。

電源線を保護する場合、手軽に手に入り、設置しやすい機器が電源タップ型の避雷器だ。保護したい機器の電源をこのタップから取れば雷サージから保護できる。

次のページ
データ損失 ノート型は強い