最悪データ破損も 在宅勤務時代、PC守る雷対策は

NIKKEIプラス1

天気予報が雷への注意を呼びかける日が多くなった。コロナ禍で仕事や授業がリモート化するなか、重要性を増しているのが情報通信機器の雷対策。専門メーカーに対策を聞いた。

情報通信機器の雷被害対策も重要に(イラストはイメージ=PIXTA)

訪ねたのは兵庫県尼崎市の雷対策専門メーカー、音羽電機工業。低圧技術部の担当者が詳しく説明してくれた。

まず雷の基礎知識を押さえよう。雷が発生しやすい季節は地域により異なる。年間を通じて多いのは日本海側で、とりわけ冬の雷が目立つ。太平洋側は夏場に多い。近年は気候変動の影響で「ゲリラ豪雨」に伴う雷も増えている。

雷が直撃した場合の被害は想像できるだろう。ただ、被害は直撃だけではなく、電線などを通して建物内に侵入する過電流・過電圧(雷サージ)によって電気製品が故障する事例もある。雷サージは数キロ先まで影響が及ぶので「音が聞こえている以上はリスクが発生していると考えていい」(音羽電機工業)。

なぜ雷サージで被害が出るのか。背景にあるのが電気機器の高機能化だ。ICチップや基板が省エネルギー化、高密度化した結果、少しの電流や電圧の変動にも敏感になっているのだ。

チップや基板の破損は外から見分けにくく、直撃のような大きな電流でない限り原因が雷だとは思い至らない。経年劣化による故障と思い込む場合も少なくないようだ。これが雷の被害についていまひとつ実感がわかず、対策も進まない理由だ。

次のページ
雷サージへの対策も必要