ぼる塾・ラランド… ポスト第7世代芸人の顔ぶれは特集 沸騰!ポスト第7世代芸人30組(1)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

霜降り明星やハナコ、EXITに代表される「第7世代芸人」が、2019年から20年にかけて盛り上がり、現在のバラエティ界は彼らがセンターに立つようになった。新型コロナウイルスの影響で、客を入れてのライブはこれまで通りというわけにはいかないが、芸人が活躍できるテレビ番組が続々と登場していることや、SNS文化の発展によって、より多くの人の目に触れる機会が増え、ブレイクのチャンスが広がっている。

そこで、今後のお笑い界で飛躍が期待できそうな、「第7世代」の次に続く勢いのある有望株を、ピックアップした。どんな人材がいるのか、顔ぶれを見ていこう。[日経エンタテインメント! 2021年4月号の記事を再構成]※情報は掲載時点のものです

20代は男女コンビが台頭、賞レースに強い二刀流も

25歳以下では、「丸山礼」、「フタリシズカ」の横井かりこる、「ラランド」のサーヤら、女性芸人の台頭が目立つ。丸山は同期に四千頭身がいる、「ネクスト」世代の代表的存在。ロバートの秋山竜次のほか、土屋太鳳やアンミカといったモノマネ芸が得意で、YouTube登録者数は91万人、インスタグラムフォロワー数は52万人超と、ネットメディアで随一の支持度を誇る。芸人としての能力も高く、『新しいカギ』(フジテレビ系)のほか、複数の年末年始特番で活躍した。

フタリシズカは、正月の恒例番組『ぐるナイ おもしろ荘』(日本テレビ系)に出場し、横井が鼻でリコーダーを吹きながら、ボイスパーカッションをするネタで準優勝。交際はしていないが、相方と同居しているコンビとして、謎な私生活にも関心が寄せられている。

ラランドは、大学時代から漫才の実力で一目置かれていたコンビ。会社員と兼業で芸人をしているサーヤは、分析力やトークスキルも高く、現在バラエティ番組に引っ張りだこ。ニシダのダメ人間な素顔にもスポットが当たり始めた。3月には個人事務所を設立し、活躍の場を広げている。

「ラランド」 サーヤ(左)、ニシダ(右)

丸山はYouTubeで成功しているが、TikTokで飛躍したのが「土佐兄弟」。「高校生あるある」のネタが10代を中心に人気を集め、現在フォロワー数は110万人超え。20年10月からは冠番組『あるある土佐カンパニー』(テレビ朝日)が始まるなど、芸人として大きく前進した。

「土佐兄弟」 弟の土佐有輝(左)、兄の土佐卓也(右)

26歳のきりやはるかとあんりによる「しんぼる」と、30代の田辺智加と酒寄希望(産休中)による「猫塾」が合流した「ぼる塾」は、現在最も活躍している女性芸人の1組。19年12月に『ネタパレ』(フジテレビ系)に出演して以降、バラエティ番組に頻繁に登場するように。のんびりとマイペースな3人の雰囲気と、あんりの毒舌トークが魅力。昨年は『女芸人No.1決定戦 THE W』のファイナリストになった。

「ぼる塾」 きりやはるか(左)、あんり(中央)、田辺智加(右)
次のページ
霜降り、ハナコと同期の滝音&ニッポンの社長
エンタメ!連載記事一覧