刃以外は全て紙 発売即完売、貝印の折り紙式カミソリ

日経クロストレンド

貝印「紙カミソリ」は5色セット1100円(税込み・送料含む)。販売は現在、公式サイトのみ。記事を執筆した21年5月上旬時点では増産待ち
日経クロストレンド

刃以外がほぼすべて紙でできている、貝印の「紙カミソリ」の販売が好調だ。2021年4月に発売すると予約分は早くも完売し、増産待ちの状況に。近年のサステナビリティー(持続可能性)やSDGs(持続可能な開発目標)の流れを受けた「脱プラスチック」の機運にも応えていて、貝印製3枚刃カミソリと比べてプラスチックの使用量を98%削減している(残り2%は紙カミソリ本体のコーティングと、刃との接着で使用)。商品化を発表した時点で既に世界中から大きな反響があり、貝印サイドも驚いたという。

「もともとは、新しいカミソリを考えるという過程で出てきたアイデアでした」と、企画・開発に携わったグループ会社、カイ インダストリーズ研究開発本部の塩谷俊介氏。エコロジーと衛生管理を意識した使い切りタイプを作ろうと考えたときに生まれた案の1つが「紙製」だったという。カミソリは水回りで使う機会が多い。そのぶん、紙製はインパクトがある一方で、使用に耐え得るか不安に感じるのも事実だろう。

実際、「商品化にこぎ着けるまでに2年以上かかり、特に時間を要したのは紙の選定でした」と塩谷氏が話す通り、製紙会社を回って牛乳パックのような耐水コーティングを施した紙を次々に試した。

次のページ
組み立て方はシンプル、刃の保護シールは強度アップに
MONO TRENDY連載記事一覧