powered by 大人のレストランガイド

カルディコーヒーファームの「上海風スペアリブ」(140グラム、383円)

カルディコーヒーファーム(東京都世田谷区)の缶詰は、新商品が出るたびにSNSで話題になる。どれもデザインが愛らしく、海外の食文化を感じられる独創的な味付けが受けているのだと思う。

中でも20年に発売された「上海風スペアリブ」のヒットはすごかった。僕も発売当時、店舗に買いに行ったが、売り切れ。カルディのオンラインストアで探してみるも、やはり売り切れ。やっと買えたのは21年3月になってだった。

上海風スペアリブとは果たして何なのか。パッケージにある「黒酢香る」はどんな風味か。缶を開ける前から興味津々だった。さて、肝心の中身はーー。

「上海風スペアリブ」にゆでたスナップエンドウを添えるだけで豪華さもアップ

上海風というのはよく分からないけど(上海に行ったことがないので)、スペアリブ(豚の骨付き肉)というのはウソじゃなかった。何と、骨付き肉が入っているのだ。可食部分だけを詰めるのが缶詰の基本なのに(重量軽減による輸送費削減、ゴミが出ない利便性などのため)、食べられない骨まで入っているのは珍しい。

でも、骨付き肉は実においしい。骨に味があるから、加熱後でも肉からうま味が抜けにくいのだ。その肉のうま味と、加熱された豚脂の香ばしさ。それらが混ざった黒酢仕立ての甘酸っぱいタレ。これまたご飯が進む名品であります。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド