岸惠子、後悔は「戦場にかける橋」 出演を断ったワケ編集委員 小林明

来日したデヴィッド・リーン監督(左)とリチャード・メイスンさん(右)と岸惠子さん(横浜の自宅で、岸さん提供)
来日したデヴィッド・リーン監督(左)とリチャード・メイスンさん(右)と岸惠子さん(横浜の自宅で、岸さん提供)

女優デビューから70周年を迎えた岸惠子さん(88)。2020年5月には日本経済新聞朝刊に「私の履歴書」を連載し、それを下地に加筆した自伝も21年5月1日に刊行。ドラマや映画への出演のほか、執筆、講演にも精力的に取り組んでいる。今回、単独インタビューに応じてくれた岸さんは「もし人生に後悔があるとしたら、デヴィッド・リーン監督の名作映画『戦場にかける橋』(1957年公開)に出演し損ねたことだった」と振り返る。前半・後半の2回に分けてお届けする。

リーン監督が直接依頼、主演俳優も説得に来日

――世界的な巨匠のリーン監督から映画出演を直接依頼されたんですか。

「そうなんですよ。『戦場にかける橋』も含めて、リーン監督から何度か出演依頼をもらいました。最初のきっかけは55年にシンガポールで開催された東南アジア映画祭。私は『亡命記』(55年公開)で最優秀女優主演賞を受賞したんですが、その会場で偶然、リーン監督が私の姿を見かけ、次回映画『風は知らない』の主役にピッタリだとひらめいたそうです。日本まで私を追いかけてきて、主役で出演しないかと誘ってくれたんですよ」

「いったん、その役をお引き受けしたんですが、残念ながらプロデューサーが急死。『風は知らない』の企画は途中で立ち消えになってしまいます。でもその半年後、リーン監督はそれにもめげずに別の映画『戦場にかける橋』に出演しないかと打診してくださった。私のための役も用意するという。強い熱意を感じたし、主役に決まったあのハリウッドの大スター、ウィリアム・ホールデンさんもわざわざ来日して、私にぜひ出演するように説得してくれたのでとても感激しました」

――そんな熱心な出演依頼をどうして断ったんですか。

「有り難い話だったけど、すでに豊田四郎監督の『雪国』(57年公開)に出演することを決めていたし、私生活ではイヴ・シァンピ監督と結婚してフランスに渡るつもりだったので、お断りすることにしたんです。リーン監督もそれを聞いて随分ガッカリされたようです。私のために用意してくれた役は結局、『戦場にかける橋』の脚本から削除されました」

唯一の後悔は「戦場にかける橋」への出演依頼を断ったことと語る岸惠子さん

――「戦場にかける橋」は58年のアカデミー賞で作品賞、監督賞など7部門を受賞。映画史に残る名作になりましたね。

「そうなのよ……。だから、結婚する時期を少しでも遅らせて『戦場にかける橋』に出演していたら、私の人生もだいぶ変わっていたかもしれないと後悔する気持ちは正直あります。後に、私の自宅によく遊びに来ていたショーケン(=萩原健一さん、『約束』『雨のアムステルダム』などで共演)がその話を聞いて驚いていた。以来、散々言われましたよ。『ああ、姉さん。あの傑作映画に出演しなかったのはマズッたなぁ。本当にもったいなかったなぁ』って……」

次のページ
小津監督からも出演依頼、「東京暮色」は有馬稲子さんに
エンタメ!連載記事一覧