川上和人 鳥類学者の知られざる冒険的日常

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

オガサワラカワラヒワ。本の表紙の真ん中下あたりに描かれている、黄緑色っぽい鳥の名前である。鳥類学者の川上和人は、最新エッセー集のなかで、この鳥の名前を連呼した。なぜか。今にも絶滅しそうだからである。

「オガサワラカワラヒワは、小笠原諸島にのみ生息する鳥です。昨年5月末、新たな固有種として報道発表されました。そして同時に、日本で恐らく最も絶滅に近い鳥です。僕が初めて小笠原に行った1995年にはすでに数が減っていると言われていましたが、その姿を見ることは容易にできました。しかしその後、みるみる数が減っていった。100年前に比べると個体数が1%くらい、これは過小評価で、です。とにかく、オガサワラカワラヒワのことを知ってほしい、というのが、この本を書くモチベーションでした」

1973年生まれ。東京大学農学部林学科卒、同大学院農学生命科学研究科中退。農学博士。国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所チーム長。著書多数。図鑑の監修も多い。NHK子ども科学電話相談室では「バード川上」先生としてもおなじみ(写真:鈴木芳果)

しかし、「このままだと絶滅しちゃう……という暗い本は誰も読んでくれないので(笑)」、ベストセラーとなった前作『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』(17年)に続く第2弾の今回も、大いに笑える1冊に。絶海の孤島で崖にとりついたり、生まれたばかりの島に降り立ったりのアドベンチャーな調査活動と、頭の中で延々と繰り広げられる研究活動という名のめくるめく妄想が、のめり込むほどの面白さで好奇心を刺激する。学術的な話題の最中に映画やマンガ、アニメの話をさらっと入れてくるのも油断がならない。進化論の話に「たとえば、左腕がサイコガンとなった動物の集団がいるとしよう」とか、固有種の説明でのっけから「地球には地球人とクリプトン人という2種の人型固有種がいる」とか。

「ものを考えるときって、一本道で行く人もいれば、回り道する人もいて、僕は、同時に余計なことがいっぱい思い浮かぶタイプ。それをそのまま、文章にしています。僕たち研究者は、いわゆる専門書を『横書きの本』、一般書を『縦書きの本』と呼んでいて、最終的には縦書きの本を書きたい、という思いがあります。それは、研究で得られた知識を一般に普及するということ。生物の多様性や自然の価値について、僕らがどんなに大切か分かっていたって、社会に広く知ってもらわなければ、保全活動は始められない。だから、僕の文章を笑いながら読むうちに、鳥のこと、自然のことを知って、考えてもらえればと」

次のページ
自然の中の「知」を求めて
エンタメ!連載記事一覧