レンガ造りの産業遺産10選 渋沢栄一とゆかりの場所も

富岡製糸場(写真左)、琵琶湖疏水 南禅寺水路閣(右上)、東京駅丸の内駅舎(右下)
富岡製糸場(写真左)、琵琶湖疏水 南禅寺水路閣(右上)、東京駅丸の内駅舎(右下)

工場に橋、水路……。日本の近代化に貢献した建造物にはレンガを使ったものが多い。新1万円札に描かれる渋沢栄一の出身地、埼玉・深谷もレンガのまちとして知られる。専門家が選んだ「レンガの産業遺産」で明治以降の産業発展の歩みを学んでみよう。

■1位 富岡製糸場
780ポイント 絹産業の中核、建物の美しさ必見

近代化に向けて明治政府が設けた日本初の官営模範製糸場で、1872年に操業を開始した。建物は依頼を受けたフランス人技師が設計し、当時世界最大級といわれた。「ここから日本の製糸業は始まったといっても過言ではない。明治の絹産業遺産の中核の拠点を肌で感じられる」(津村泰範さん)

全国から多くの女性工員が集まって働き、製糸技術を学んでいった。「ここで訓練を受けた女性たちは各地でつくられた製糸工場でも指導的な役割を果たし、日本の外貨獲得に大きく貢献した」(市原猛志さん)

1893年に三井財閥へ払い下げられるなどした後、1939年には片倉製糸紡績(現・片倉工業)に経営が移る。日本国内での製糸業が徐々に縮小するなか、87年には操業を終えた。

2014年には周辺の絹産業拠点とともに世界遺産に登録された。

敷地内には蚕の繭から糸を紡ぐ作業をしていた繰糸所(そうしじょ)、繭を保管する東西の置繭所(おきまゆじょ)、蒸気釜所などを備え、多くの建物が現在もほぼ当時のままの姿で保存されている。繰糸所、置繭所は国宝となっている。

建築自体の評価も高い。木の骨組みにレンガで壁を積み上げる木骨レンガ造り。レンガは「フランス積み」と呼ぶ積み方で、美しさがより強調されてみえる。「レンガの多くは近隣に職人を呼んで焼かれたとされる。地域の歴史としても意義がある」(二村悟さん)。埼玉・深谷の瓦職人が中心となった。「世界と日本の技術交流を示す遺産の集合体」(小塩稲之さん)だ。

(1)所在地 群馬県富岡市(2)写真 鈴木健撮影。

■2位 琵琶湖疏水(そすい) 南禅寺水路閣
750ポイント 水力発電にも貢献、今なお現役

琵琶湖の水を大津から京都まで流すために造られた琵琶湖疏水。トンネルや浄水場など関連施設が多く残されているが、なかでもよく知られているのが南禅寺境内にある水路閣だ。「明治期の日本人設計の構造物で今なお現役。専門家の間では世界的にも著名」(伊東孝さん)

明治中期にできた長さ約93メートル、幅約4メートルのレンガ造りのアーチ橋。「景観に配慮して設計され、寺院境内にあっても違和感なく溶け込んでいる」(竹内秀一さん)のが特徴だ。

琵琶湖疏水の水を生かして国内初とされる営業用水力発電所も稼働。京都市内での路面電車の開業にもつながった。「京都の産業発展に重要な役割を担った」(前畑洋平さん)側面も見逃せない。

(1)京都市(2)京都市提供。

■3位 東京駅丸の内駅舎
735ポイント 創建当時の姿復元、歴史的価値

日本銀行本店なども手掛けている著名な建築家、辰野金吾が設計に携わった鉄骨レンガ造りの3階建て駅舎。1914年に開業した。

関東大震災のときにもほぼ被害はなかったというが、戦時中空襲で損壊。その後は修復されて使われてきた。重要文化財の指定を受けたのが2003年のこと。その後、約5年かけた復元工事を12年に終え、創建当時の姿がよみがえった。

「赤レンガと白い大理石のコントラストが美しく、首都の玄関口にふさわしい」(竹内さん)、「レンガ建築物のひとつの到達点。歴史的建造物の精巧な復元モデルとしての価値も高い」(黒沢永紀さん)、「周辺のビル群に負けない存在感」(山田祐子さん)といった称賛の声が集まった。

(1)東京都千代田区(2)鈴木健撮影。

■4位 碓氷(うすい)峠鉄道施設群
730ポイント 高さ30メートルを超すアーチ橋

JR信越本線で1997年に廃線となった横川―軽井沢間に築かれた。急勾配を進むため、レール間に敷設した歯と機関車の歯車をかみ合わせる「アプト式」でも知られた区間。

象徴的存在が「第三橋梁(通称めがね橋)」=写真。全長91メートル、高さは30メートルを超すレンガ造りのアーチ橋だ。他にも橋やトンネル、変電所跡が残る。

「明治期から戦前にかけた構造物の多様さ、美しさは全国随一」(井門隆夫さん)、「鉄道構造物構築技術のひとつの極致」(山岡邦章さん)と評価する声が多かった。

(1)群馬県安中市(2)安中市提供。

■5位 旧下野煉化(しもつけれんが)製造会社煉瓦窯
420ポイント 連続焼成、数少ない現存設備

明治中期に稼働し始めた当時最新鋭のレンガ製造設備だ。

考案したドイツ人技師からその名が付いた「ホフマン窯」は16の区画に分かれ、ひとつの区画でレンガを1万4000個、すべて使えば約22万個焼くことができた。

「レンガを連続焼成する施設の黎明(れいめい)期を今に伝える。建屋と中央にそびえる高い煙突が印象的」(黒沢さん)といった意見が寄せられた。造られたレンガは東京駅や日光金谷ホテルなどに使われたとされる。ホフマン窯は全国でも4カ所しか残っていないという。

(1)栃木県野木町(2)野木町提供。

注目記事