ソニー「空間再現ディスプレイ」 裸眼でOK迫力3D

立体・バーチャル映像を見るツールとして、3次元(3D)メガネや仮想現実(VR)機器が普及している。中でも注目なのが、2020年にソニーが発売した「空間再現ディスプレイ(ELF-SR1)」だ。裸眼で3次元(3D)のコンピューターグラフィックス(CG)映像を見ることができる。平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家が製品を体験し、その未来について担当者に聞いた。

視線を追跡(トラッキング)し、立体映像を裸眼で再現

小原(57歳のオーディオ・ビジュアル評論家) 今回はソニーの「空間再現ディスプレイ(ELF-SR1)」を体験します。

小沼(29歳のライター) 今年初めの記事「今年は8Kテレビに手が届く ソニー『立体映像』に驚き」で小原さんが注目していると話していた、裸眼で3DCG映像が見られるソニーの最新技術を詰め込んだディスプレーですね。従来の3DテレビやVRみたいなものかなと思っていますが、違うのでしょうか。

ソニーの「空間再現ディスプレイ(ELF-SR1)」(税込み55万円)。現在はコンテンツクリエーターなどがターゲットだが、将来的にはコンシューマー向けに技術の応用を目指している

太田佳之さん(ソニー ホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ事業本部TV事業部 商品企画部 XRプランナー) 実際に見てみるのが一番わかりやすいと思います。特別な設定は必要ないので、さっそく体験してみてください。

視線を動かすと画面上のカニも動き、その場にいるようにリアルに見える

小沼 うわー、リアル! 裸眼で見ているのに、目の前に本物のカニがいるみたいです。手を伸ばして、触れないのが不思議なくらい。上下左右に顔を動かすと見え方も変わるのは、裸眼VRという感じですね。一体どういう仕組みなんですか?

太田 簡単に言うと、ディスプレーの上部に特殊な高速ビジョンセンサーが組み込んであって、そのセンサーが視聴者の目の位置を特定し、そこから見えるであろう映像をリアルタイムに生成して表示します。ディスプレーパネルの表面にはマイクロオプティカルレンズ(微細な光学式レンズ)を配置することで、左目用と右目用に分割したグラフィックをそれぞれの目に届けて、立体視ができるんです。

「マイクロオプティカルレンズ」の仕組み。このレンズが映像を、見ている人の左右の目に分割して届ける

小原 面白そうですね。どれどれ……。

小沼 あれ、映像が乱れちゃった。

太田 現在は1人視聴専用なんですよ。2人以上の視点を同時に追うことはできないので、誰かが覗きこむと映像が乱れます。今後は視聴者を固定するなど、さまざまな機能の追加を検討しているところです。

小沼 複数人で視聴できるようにはしないんですか?

太田 他社の同様の製品では、複数人で観賞できるものもあります。「バリア方式」と言って、1枚のパネルに複数視点の映像を分割して表示するんです。角度によって見え方が変わるおもちゃのシートのようなイメージですね。ただ、この方式だとどうしても解像度が下がり、映像も暗くなってリアルさに欠けてしまうので、「空間再現ディスプレイ」ではあえて1人での視聴に絞り、高解像度で精細感があるものを作っています。

小原 画質が落ちるとリアルさや没入感が一気に失われ、そこにあるようには見えなくなってしまいますからね。この点はトレードオフだと思います。

次のページ
エンタメ分野では初音ミクとのコラボも
MONO TRENDY連載記事一覧