難燃仕様なのに薄手で軽い

モンベル「フエゴパーカ Men's」(1万2760円)

人気アウトドアブランドのモンベルは、独自開発した難燃性素材「フレアテクト」を使用したフエゴ・シリーズを17年から展開している。今回紹介する「フエゴパーカ」もその一つで、野外での調理や焚き火などで火の粉を受けても、穴が開きにくい点を特徴としている。

難燃素材のフレアテクトは、軽量で引き裂き強度が高いビニロン素材に難燃剤を混ぜ込んだ「難燃ビニロン」とコットンを混紡した素材。火の粉が付着すると繊維の中の難燃剤が酸素を奪い、燃え広がる前に自己消火するという。

難燃ウエアとは思えないほど薄手で軽く、朝晩の肌寒い春夏は一枚で着用でき、秋冬にはダウンやフリースの上からでも羽織れるゆとりのあるシルエットに仕上がっている。「合成繊維の機能性は損なわずに、安心して焚き火やバーベキューを楽しめる」と話すのは、モンベル広報部の小野立氏。自然な風合いで普段使いしやすいデザインも好評を得ているという。

背中には、焚き火用のグローブなども収納できる大型ポケットを搭載する。袖口には、熱で溶けやすい面ファスナーではなくボタン留めを採用するなど、焚き火ウエアとして細部の仕様にもこだわったという。

発売当初は男女兼用モデルのみの展開だったが、売り上げが好調なことから女性用モデルとキッズ用モデルを追加し、カラーバリエーションも拡充した。キャンプを楽しむ幅広いユーザーから支持されており、「街着と兼用で使われる方も多い」(小野氏)という。

背中に大型ポケットを搭載。焚き火用グローブやキャンプギアを収納できる
次のページ
ポケット充実の注目アノラック
MONO TRENDY連載記事一覧