有森裕子 銃撃事件に沈む「ランナーの街」を助けたい

日経Gooday

ボールダーで高地トレーニングを積んでいた現役時代の1枚。(写真提供:株式会社アニモ)
ボールダーで高地トレーニングを積んでいた現役時代の1枚。(写真提供:株式会社アニモ)
日経Gooday(グッデイ)

美しい新緑に気持ちも高ぶるランニングシーズンですが、東京をはじめとした10都道府県では、再び新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されています。1年以上も前に進めず、心が晴れない状況が続く中、さまざまな競技で東京五輪のテスト大会や代表選考会が開催され、代表選手たちも続々と決定しています。五輪開催の可否を含めた明確な判断や発信がない中で、それぞれの立場で悶々とする状況が続きます。1日も早く建設的な議論の下、先に進める日が来ることを願わずにはいられません。

日本の長距離ランナーを育ててくれた、ボールダーで起きた悲劇

さて今回は、今年3月22日に米コロラド州ボールダーのスーパーマーケットで起こった悲しい事件についてお話しできればと思います。地元の方が利用するこのスーパーでこの日、銃乱射事件が起こり、20歳から65歳までの10人の尊い命が犠牲となりました。

犠牲者の中には、市民を守ろうとした51歳の警察官もいました。彼は7人の子どものお父さんだったそうです。また、過去に米スペシャルオリンピックス[注1]に出場経験のある女性従業員も含まれていたそうです。

マラソン好きの方はよくご存じかと思いますが、ボールダーはロッキー山脈の麓、標高約1600メートルに位置する大自然のエネルギーがあふれる街で、世界各国の陸上長距離のトップ選手たちが高地トレーニングの拠点として利用していることで有名です。日本のナショナルチームや実業団チームも、約30年もの間、高地トレーニングのために頻繁に訪れており、私や高橋尚子さん、野口みずきさんをはじめとした長距離選手たちを、五輪や世界選手権でのメダル獲得や入賞へと導き、日本の長距離界の歴史を築き支えてくれた街と言っても過言ではありません。

ロッキー山脈の麓に広がるボールダーは、標高およそ1600メートルに位置し、高地トレーニングのメッカとしても有名です。(写真提供:株式会社アニモ)

[注1]知的障害のある人たちに、さまざまなスポーツトレーニングとその成果発表の場である競技会を提供する国際組織。有森さんは、日本国内での活動を推進する公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の理事長を務める。

2大会連続でメダルを取れる力を育ててくれた街

私も1992年に、このボールダーの地で五輪への道のりをスタートしました。合宿は過酷でつらいものでしたが、バルセロナ(1992年)、アトランタ(1996年)と2大会連続でメダルが獲得できたのは、日本でトレーニングを積んでつけた力もありますが、間違いなくボールダーでのトレーニングもその一端を担っています。

この街の素晴らしさは、高地トレーニングに適した環境だけではありません。さわやかな風が吹き、どこまでも高い青空。その空の下、走る街並みの美しさや、住民の方々からの気さくな声かけや笑顔。そして、心身ともに限界まで追い込んでもすべてを包み込んでくれる大自然。これらのすべてが、厳しいトレーニングで疲れた心身を癒やし、エネルギーを与えてくれました。その自然の素晴らしさもさることながら、トレーニング施設も充実しており、街の東西南北すべてのエリアに総合スポーツ施設があります。治安も良く、海外から訪れた人たちも生活しやすい街なのです。

ボールダーは、外国から訪れた滞在者も生活しやすい環境が整った街です。(写真提供:株式会社アニモ)

そんな素敵な街で起きた悲劇。事件のあったスーパーは、私の現役時代から利用していた店舗であり、日の丸をつけた日本人選手たちも多数通っていたなじみのある場所です。だからこそ、今回の痛ましい事件の一報にただただ驚き、深い悲しみに覆われました。

注目記事
次のページ
元の安全な街に戻るように 広がる支援の輪