在宅勤務、集中できる机周り 書類や付箋は視界の外に

何もない理想のデスクとその周辺=丹野 雄二撮影
何もない理想のデスクとその周辺=丹野 雄二撮影

読者の皆様は、自宅での作業に集中できているだろうか。「仕事は家の外でやる派」という方も、テレワーク実施企業の増えている昨今、自宅においてもオフィスと変わらず集中できるに越したことはないだろう。

「自宅は誘惑が多く、だらけてしまう」「人目がないと集中できない」。筆者の周囲で自宅作業を苦手とする方は、こういった精神的理由を口にする。しかし実際に彼らの自宅を訪問すると、単にデスク周りが散らかっているだけだったりする。

プリンストン大学の研究によると、視覚に体系化されていない刺激が加わるほど、脳の集中力は低下するそうだ。視界に作業内容と関係のないものが入り込むだけで、無意識のうちに注意力が削がれてしまう。ぜひ一度、自宅のデスク周りを写真撮影してみてほしい。読みかけの本、未処理の書類、食べかけの菓子…。「見ているだけで忙しい」状態になっていないだろうか。

精神力を鍛えるより、片づけによって、雑多なものを排除する方がずっと手軽だ。30分間の片づけで、自宅作業に驚くほど集中できる。誘惑も、積み残しの罪悪感も、まずは視界から物理的に消してしまえば、一気に心晴れやかになるはずだ。

やるべきことを忘れぬよう、あえて書類や付箋を出しっぱなしにしている方もいると思うが、その管理方法は効率的でない。別の作業をしている途中でも、無意識のうちに、やり残しのタスクを思い出してしまうからだ。To DoリストはPCやスマートフォンに集約させ、書類や付箋は視界から消そう。カレンダーのリマインド機能をセットして、処理すべき時に必要なものだけを取り出せば、目の前の仕事にだけ集中する癖づけができる。

デスクの上を、デフォルトでゼロにする

ご自身のデスク上に、「今日使う予定のないもの」は何個あるだろうか。いくつもあるという方は、デスクが非効率な状態にある。一度全てのものを出して、点検を行おう。

前提として、デスクは作業場であって、物置場ではない。辞書や書類ケース・ペン立ては、たとえ毎日使うものであっても、デスク上を定位置とするのは、やめよう。一般的に、オフィスと比べて、自宅のデスクはサイズが小さい。今使うもの以外を置いている余裕はないのだ。

デスク上をゼロにする代わりに、デスク周辺にカラーボックスやキャビネットを置いて、毎日使うものの定位置を周辺に定めよう。作業の始めに「今から使うもの」だけを出して、作業終わりに元に戻す。儀式のように、一日の始めと終わりにデスク上をゼロの状態に戻せば、メリハリをつけて目の前の作業に集中できるはずだ。

次のページ
デスク周りの週間在庫回転率を「1以上」に