上司は元牧師、同僚に元ワインソムリエも

――現在の勤め先(サイトビジット)に転職した理由は。

「スクール関係者の縁で、サイトビジットの社員から話を聞く機会があり、面接を受けることになりました。最終的に今の会社に決めたのは、一人一人に任される裁量の大きさと、自分より一歩先にいるエンジニアが多く、成長しやすい環境だと思ったからです。入社して驚いたのがエンジニアのバックグラウンドの多様さです。私の上司は前職が牧師ですし、別の部署には元ワインソムリエや宇宙関連の研究者だった人もいます」

「現在は、オンライン学習サイト『資格スクエア』のシステムの保守・運用、開発などシステム全般を担当しています。サイトの利用者は司法試験などを目指す20代~30代の社会人、大学生が中心です。ユーザーアンケートで『このサイトのおかげで合格した』といった声を聞くと、自分が関わったサービスが誰かの役に立っていると実感でき、最高に幸せな気持ちになります。コードがうまく動かず嫌になる時もありますが、試行錯誤の末に動いた瞬間は脳内が震えるような感覚に(笑)。『こうしたらどう動くかな』と試行錯誤しながら進めるプログラミングの仕事はとても楽しいです」

サイトビジット(東京・千代田)のエンジニア、遠藤薫さん

――IT職未経験の状態からエンジニアを目指したい人は何から始めるとよいでしょうか。

「最近は、プログラムの知識がなくてもアプリやサービスを開発できる『ノーコード』というツールが複数あります。エンジニアを目指すのであれば、例えば、ノーコードで作ったシステムで自分の仕事の業務改善に取り組んでみたり、関心を持ったプログラミング言語に触れてみたりといったところから始めてみてはいかがでしょうか。『こんなことができて便利だ、面白いな』と感じたことを出発点に、ITに興味を持つことが大切だと思います。自分は未経験だから、文系だからと諦める必要は全くありません」

――今後はどのようにキャリアを重ねたいですか。

「短期的には、技術力を高め、システムの保守・運用からUI(ユーザーインターフェース)まで対応できる守備範囲の広いエンジニアになることが目標です。中長期的には、エンジニアと営業をつなぐプロダクトマネジャーの仕事にも関心があります。もともとエンジニアだった人が多数いる中で、未経験から入社した私がエンジニアとして極めるのは難しいかもしれませんが、『プログラミングもできるマネジャー』として、組織の価値向上につなげられればいいですね。起業とまではいかなくても、自分で企画・制作したサービスを世に出すのは楽しそう、という思いもあり、将来についてはわくわくしながら模索中です」

次のページ
採用担当から一言
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら