手ごわい超完熟トマトを制したのは?

柔らかい食材の代表として用意したのは、完熟トマト。皮は薄いのですがハリがあり、刃に引っ掛かりやすい半面、果肉は簡単につぶれてしまう繊細なもの。完熟になればなるほどおいしいのですが、スライスするのは難しいですよね。検証したら予想とは少し違う結果が出ました。

※スライスの厚さが調節できるものは約1ミリメートル、または1.5ミリメートルに設定。

◆万能野菜調理器ベンリナー

ベンリナー(山口県岩国市)の「万能野菜調理器ベンリナー」は刃に当たった瞬間に果汁が出ましたが、力をほとんど使わずに軽くスライスできました。超完熟でも問題なくきれいにできました。

プロ愛用のベンリナー「万能野菜調理器ベンリナー」(メーカー希望小売価格2750円)。全長約314×幅92×厚さ24ミリメートル、刃の厚さ調節 0.3~5ミリメートルまで調節可能、平刃、クシ刃(細目1.5ミリメートル、中目3ミリメートル、荒目8ミリメートル)、安全ホルダー付き
断面はフラットできれい。つやがあるのが分かります

◆ベルナーV5

50年以上の歴史があるドイツの調理道具メーカー、ベルナーのスライサー「ベルナーV5」は、硬い食材編でダントツの切れ味でした。完熟トマトも薄くて美しい断面に。果汁も出ず、スライスしたトマトにみずみずしさが残っていたのがすごいですね。

ベルナー「ベルナーV5」(メーカー希望小売価格6600円)。本体約373×幅143×厚さ54ミリメートル、厚さ調節1.5、3、5、7ミリメートルの4種類、平刃、3.5ミリメートル千切り刃、7ミリメートル千切り刃、刃を入れるブレードケース、安全ホルダー付き
断面は、硬いトマトをスライスしたようにスパッと切れています。みずみずしさがしっかり残っていることに驚きました

◆アジャスタブルスライサー

レズレーの「アジャスタブルスライサー」は、刃の厚みを1.8ミリメートルでスライスしたにもかかわらず、つぶれてしまったものが多かったのが残念。超完熟トマトは難しいようです。

レズレー「アジャスタブルスライサー」(メーカー希望小売価格9790円)。全長約400×幅120ミリメートル、刃の厚み0.3~3.3ミリメートルの11段階調節、オールステンレス製
1.8ミリメートル厚でスライスしたもの。多くのスライストマトがつぶれてしまいましたが、つぶれなかったものは断面がきれいでおいしそうに

◆夢ゲンスライサー

キャベツがふわふわ食感になると好評の0.5ミリメートル厚の超極薄専用スライサー、協和工業(大阪市)の「夢ゲンスライサー」で超完熟トマトにトライ。皮はきれいに切れましたが、果肉部分はつぶれてしまいました。完熟トマトのスライスには適さないようです。

協和工業「夢ゲンスライサー」(メーカー希望小売価格2750円)。全長約380×幅138×高さ18ミリメートル、刃の厚さ0.5ミリメートル(超極薄)、安全ホルダー付き、凹凸刃
果肉がなく、果汁もたくさんこぼれてしまいました

◆スーパーキャベツスライサー

キャベツの千切り用として人気のある、アーネスト(新潟県三条市)の「スーパーキャベツスライサー」でトライしてみると、水気が多い完熟トマトは、波刃に通すところでつぶれてしまいました。波刃はやはり葉物野菜向きのようです。

アーネスト「スーパーキャベツスライサー」(メーカー希望小売価格2075円)。全長約370×幅145×厚さ20ミリメートル、刃の厚さ1ミリメートルのみ(極薄スライス)、安全ホルダー付き
おいしい完熟トマトが半分に。少し果肉部分が残っていますが、残念な舌触りに

検証の結果、完熟トマトは難関でした。断面が美しく、果肉がしっかりついていたのは、ベルナーV5。V字刃は本当に万能選手でした。

1位 ベルナーV5

2位 万能野菜調理器ベンリナー

3位 アジャスタブルスライサー

4位 スーパーキャベツスライサー

ランク外 夢ゲンスライサー

しっかりハリのある皮と、果汁がしたたりそうな果肉を同時にスライスするには、刃が鋭角であることが重要だと分かりました。ベルナーV5のV字刃は、トマトの両サイドと正面から刃が入るので、刃に触れる部分が多く、完熟トマトでもつぶれる前にスライスできるのでしょう。完熟野菜や果物は、どれだけ多くの面に同時に刃が触れるかによって切れ味が変わりそうですね。

左から、ベルナーV5、ベンリナー、アジャスタブルスライサー、スーパーキャベツスライサー、夢ゲンスライサー
次のページ
刺し身こんにゃくは作れるか?
MONO TRENDY連載記事一覧