人気スライサー5種の切れ味 こんにゃく薄造りで比較合羽橋の台所番長が調理道具を徹底比較【柔らかい食材編】

5種類のスライサーを、柔らかい食材で検証

東京・合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。前回の「人気スライサー5種を検証 極薄カボチャができたのは」に続き、今回は5種類の人気スライサー検証の後編。トマトやこんにゃくなど、柔らかい食材で比較する(価格はすべて税込み)。

◇  ◇  ◇

こんにちは、飯田結太です。包丁と同様に、プロにとって調理道具の必須アイテムであるスライサー。特定の食材専用のものがあるほど種類が豊富で、選べないと思っている人は多いかもしれません。

選ぶときに覚えておきたいポイントは、切れ味が長く続くこと、持ちやすく使いやすいかどうか、そして手や腕が疲れにくいかです。さらに、替え刃や刃の厚みが調節できればいろいろな食材に応用できて便利ですね。刃は平刃のほかに、波刃やギザギザ刃、V字刃などがあり、幅もさまざまです。万能なのは平刃。滑りやすい食材や大きな食材に使いたいときは、ギザギザ刃や波刃がいいかもしれません。V字刃は万能選手ですね。

台所番長こと、合羽橋の老舗料理道具店、飯田屋の6代目、飯田結太氏

前回はプロに人気のある5種類のスライサーで、硬い食材の代表として、レモンとカボチャをスライスし、対応能力、切れ味を比較しました。今回は柔らかい食材に対応できるかどうかを検証していきます。私も初めてスライサーでトライした食材があり、大変面白い結果となりました。

今回比較検証したスライサー

今回使用したのは、写真左から、V字刃のベルナー「ベルナーV5」(メーカー希望小売価格6600円)、超極薄0.5ミリメートル厚専用の協和工業「夢ゲンスライサー」(メーカー希望小売価格2750円)、1ミリメートル厚の波刃を使用したアーネスト「スーパーキャベツスライサー」(メーカー希望小売価格2075円)、プロ愛用のロングセラー、ベンリナー「万能野菜調理器ベンリナー」(メーカー希望小売価格2750円)、そして、刃の厚みを0.3~3.3ミリメートルの11段階調節できる、レズレー「アジャスタブルスライサー」(メーカー希望小売価格9790円)の5種類です。

では、完熟トマトのスライスから始めましょう。

次のページ
手ごわい超完熟トマトを制したのは?
MONO TRENDY連載記事一覧