難関、カボチャのスライスに挑戦!

野菜の中で、包丁で切るときに力と十分な注意が必要といわれるのがカボチャ。重く硬いカボチャは、ぶつ切りにするのが精いっぱいという方も多いでしょう。熟練のプロでなければ、包丁でスライスするのは危険です。ではスライサーならどうでしょうか。検証してみたら、意外なことが分かりました。

※厚さが調節できるものは約1ミリメートル、または1.5ミリメートルに設定。

◆ベルナーV5

硬いカボチャもサクッと軽い力でスライスできました。手で触ってみると表面がツルツルに。これなら力が弱い方でも安心してスライスできますね。

手の力はほとんど要らず、サクッと。驚きました
断面はツルツル。凹凸がなくきれいです

◆万能野菜調理器ベンリナー

刃の幅は決して広くはないのですが、スライスしやすい。刃が斜めに取り付けられているのが切れ味の秘密のようですね。

刃が大きくしっかり付いているので安心感があります。プロ用おそるべし
薄く均一にスライスでき、断面もきれい

◆アジャスタブルスライサー

足付きで、ゴムが付いているので滑らずしっかり固定できるのですが、刃の幅が狭いため、大きなカボチャのスライスにはコツが必要でした。なるべくカボチャの角を刃に合わせていくと切りやすくなりました。

角を合わせると切りやすくなった
断面はきれいな仕上がり

◆夢ゲンスライサー

力を入れれば切れるのですが、ときどき刃に引っ掛かるのが気になります。原因は、ギザギザの凹凸刃。カボチャの皮が凹凸刃に引っ掛かり、断面もギザギザになってしまいました。

力が必要。凹凸刃は硬い皮には不向きのようです
断面もでこぼこ

◆スーパーキャベツスライサー

夢ゲンスライサーよりも引っ掛かりやすく、断面もでこぼこになってしまいました。

スパッと切れないのが残念
断面がゆがんで見え、触るとでこぼこに

検証の結果、大きくて硬い、重いカボチャのスライスでも軽くサクッとスライスできたのは、ベルナーV5でした。

1位 ベルナーV5

2位 万能野菜調理器ベンリナー

3位 アジャスタブルスライサー

4位 スーパーキャベツスライサー/夢ゲンスライサー

左から、ベルナーV5、ベンリナー、アジャスタブルスライサー、スーパーキャベツスライサー、夢ゲンスライサー

刃の幅が狭いと大きなカボチャは難しいと予想していたのですが、刃の幅が狭いベンリナーは切れ味が良く、反対に刃の幅が十分にあるスーパーキャベツスライサーは引っ掛かって切れにくい結果になりました。スーパーキャベツスライサーの刃は波形、夢ゲンスライサーは凹凸刃ですが、硬くてでこぼこしているカボチャの皮には、どちらも適さないようです。カボチャをスライスするなら平刃ですね。

硬い食材編では、ベルナーV5が圧倒的な切れ味でした。後編は柔らかい食材編をお送りします。(談)

(文 広瀬敬代、写真 菊池くらげ)

MONO TRENDY連載記事一覧