powered by 大人のレストランガイド

フルーティーな「プロセッコ」 ワイン店のイチ押しはエンジョイ・ワイン(38)

豊富な種類のプロセッコがそろうWINE MARKET PARTY(東京・渋谷)
豊富な種類のプロセッコがそろうWINE MARKET PARTY(東京・渋谷)

低めのアルコールとさわやかなのどごしで世界的に人気が高まっているスパークリングワイン。中でも欧米を中心に好調な売れ行きを見せるのが、北イタリアの「プロセッコ」だ。フルーティーな味わいに加え、酸味との心地よいバランスや手ごろな値段が人気の理由である。ワインショップを取材し、これからの季節にぴったりのプロセッコのおすすめを紹介しよう。

フルーティーな味わいの秘密はまず、その醸造方法にある。スパークリングワインは大きく分けて、2種類のタイプがある。ワインをボトルの中で二次発酵させて、発生した泡をボトル内に閉じ込め出荷する「瓶内二次発酵方式」と、二次発酵を大容量のタンクの中で行い、生成した泡をワインと一緒にボトルに詰める「タンク方式」(シャルマ方式などとも言う)だ。前者の代表格がシャンパンで、後者がプロセッコだ。

瓶内二次発酵方式のスパークリングワインの多くは、発酵が終わった後も、長期間そのままの状態で熟成させるため、役目を終えた酵母菌がボトルの中で自己消化を起こす。その影響でワインがトーストやビスケットのような複雑な風味をまとう。タンク方式は熟成を経ないか最小限にとどめるため、ブドウの風味が前面に出たフルーティーな味わいになる。

ブドウ品種の影響もある。プロセッコに使うのは「グレーラ」という白ブドウで、比較的香りが強い。ワインにすると、リンゴや洋ナシ、グレープフルーツのような香りを放つ。

プロセッコはベネト州を中心とするイタリア北東部の広大な地域で造られている。ワイナリーの数も約350に上り、栽培農家の数は1万にも達する。このため、一口にプロセッコと言っても、ブドウの栽培場所やワイナリーの醸造の仕方によって、味わいに顕著な違いが出てくる。今回は、日本に輸入されているプロセッコの中から、ワインショップえりすぐりのものを紹介しよう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド