2021/5/13

食品ロスを減らす

・買った食材を無駄にしない

もしも買ったけれど食べる前に傷んでしまったようなものがあれば、「捨ててしまった簿」をつけて、自分の傾向をつかむようにします。

・捨ててしまうところも工夫して食べる

野菜の皮や茎など今までなら捨ててしまっていたような部分も食べる工夫を。具体例はこちらの記事を参考にしてください。

「食品ロスを減らすワザ 捨てずに食べれば食費を節約」

・残りものはリメイクして食べる

食事で残ったものはそのまま捨ててしまわずに、翌日に何か他のメニューにリメイクしましょう。残りものというイメージをなくし、飽きずに食べることができます。

・規格外の野菜や賞味期限近くなった食材を買う

形が悪くて一般の流通にのせられない野菜や、賞味期限が近くなった調味料や缶詰などを積極的に購入することで、食品ロスを減らすことができます。こちらの記事を参考にしてください。

「訳あり商品が買いやすく 食品や家電、家具もおトクに」

電気の無駄遣いを防ぐ

・消し忘れを防止

照明の消し忘れが多い場所をチェックし、その場所を人感センサー付きのLED(発光ダイオード)電球に換えてみてはいかがでしょうか。人が近づいたら点灯し、いなくなったら消えるような仕組みになっています。

・だらだら使いをしない

見ていないテレビなど、ただつけているだけの使い方は無駄遣いですね。それを防ぐためにもタイマーを利用してみてはいかがでしょうか。テレビなら見はじめるときにオフタイマーを設定する。タイマーがついていないものなら、スマホのタイマーやキッチンタイマーで終わりの時間を設定して、時間を意識して使うことをおすすめします。

・冷蔵庫の消費電力をおさえる

冷蔵庫は扉を開くと中の温度が上がりそれを下げるために電力を消費します。夏は室内にいるときも冷たい飲み物を水筒に入れてそこから飲むようにすることで、冷蔵庫を開閉する頻度を少なくすることができます。

ガスの無駄遣いを防ぐ

・必要がないときにお湯が出るのを防ぐ

現在はリモコンがついたガス給湯器を利用しているご家庭も多いはずです。キッチンや浴室などのガス給湯器のリモコンの電源が入っているだけならばガスが使われるわけではありませんが、赤いランプや「燃焼」という文字が付くとガス給湯器が点火していることになります。

例えばキッチンシンクにある蛇口がレバーを左右にすることで水やお湯がでるタイプであれば、使い方に注意が必要です。水でいいのにレバーをお湯側にしたままで出してしまうと、その度にガスが点火してしまっています。水でいい場合は意識してレバーを水側にして使うようにしましょう。

・保温調理でガスを使う量を減らす

調理のときに使うガスコンロ(IHのご家庭では電気になります)、これも使い方によってガスの使用量を減らすことができます。長時間煮込むような料理や、ゆでるものなどでは、調理時間よりも早めに火をとめて鍋に蓋をすることで食材に火を通すことができます。蓋をすれば中の温度が急激に下がることがないからです。調理するものによって保温調理の時間は変わりますが、ぜひ試してみてください。

水を無駄遣いしない

・シャワーを流しっぱなしにしない

お風呂に入ってシャワーを使う人も多いでしょう。流す必要がないときも止めるのが面倒で流しっぱなしにしている人はいませんか? 一般的にシャワーは1分間で12リットルの水が流れ出ています。もしも無駄に流してしまっているのであれば、シャワーヘッドを止水スイッチつきのものに換えてみてはいかがでしょうか。手元にスイッチがあることで頻繁にとめることができます。

・積極的に二次利用水を使う

分かりやすい例では、お風呂の残り湯を洗濯や掃除に使ったり、お米を研いだ水を調理後のフライパンなどを洗うのに使うことができます。水を二次利用することを心がけていると水道料金をグッと減らすことができます。

普段の生活の中でできるSDGsをご紹介しました。ご覧いただくと分かるように、今回ご紹介したSDGsはどれも家計の節約にもつながるものです。そう考えると取り掛かりやすいのではないでしょうか。ぜひ一度、自分の暮らしでできそうなSDGsについて考えてみてください。

矢野 きくの(やの・きくの)
家事アドバイザー・節約アドバイザー。明治大学卒。女性専門のキャリアコンサルタントを経て現職に。家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテレビ、雑誌、講演などで活動。著書:「シンプルライフの節約リスト」(講談社)他 オフィシャルサイト https://yanokikuno.jp

「マネー」の記事一覧はこちら