日経ナショナル ジオグラフィック社

カエサリオンの母クレオパトラの胸像。ベルリンの新博物館所蔵(ALAMY/ ACI)
フィラエ島で出航の準備をするクレオパトラ。19世紀の画家フレデリック・アーサー・ブリッジマンによる絵画(DEA/ALBUM)
クレオパトラを王座に戻すユリウス・カエサル。ピエトロ・ダ・コルトーナによる1637年の油彩画。リヨン美術館所蔵(NICO TONDINI/GETTY IMAGES)
カエサリオン(左)とクレオパトラ(右)が描かれたカルナック神殿の碑。元は紀元前8世紀に作られたものだが、クレオパトラの在位13年目に、古い文字の上にクレオパトラの将軍の1人を称える内容の碑文が刻まれた。トリノ、エジプト博物館所蔵(DEA/ALBUM)
紀元前1世紀に花崗岩で作られたファラオの像。若きカエサリオンのものと考えられている(ZUMA PRESS/ALAMY/ACI)
クレオパトラの命により、デンデラ神殿の壁に刻まれたクレオパトラとカエサリオンの巨大レリーフ(SCIENCE SOURCE/AGE FOTOSTOCK)
オクタウィアヌスによるエジプト征服を記念して作られた銀貨。ワニの絵とともに「aegypto capta(捕らえられたエジプト)」という文字が彫り込まれている。ベルリン美術館所蔵(BPK/SCALA, FLORENCE)

(文 JUAN PABLO SANCHEZ、訳 ルーバー荒井ハンナ、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2021年5月1日付の記事を再構成]