手間暇かけて、鍋を育てる

20年は地上波連ドラに初主演。今年は映画単独初主演と順調にキャリアを重ねる。忙しい日々を送る福本さんを、今、幸せにするモノとは?

「食です。私、もともと食べることが好きで、よく1人でランチに行ったりするんですよ。『仕事終わりに、あれを食べよう』と、食をご褒美にがんばることも多いですね。去年のコロナの自粛期間からは、自炊もよくするようになりました。時間があるときは、牛スネ肉を2時間くらい煮込んで、ビーフシチューを作ったり。すごくおいしかったです。

自炊が増えたので、最近、無水調理できるストウブ社の鍋を買ったんです。密閉性が高いから、水を入れなくても、野菜から水分が出る。おいしい料理ができるので、重宝しています。ただ、筋トレができそうなくらい重くて、洗うのもひと苦労なんです。まあ、その重さもまたいいんですけど。長持ちさせるために、『シーズニング』という油ならしの作業をするんですが、そんなふうにひと手間掛かるところも、鍋を育てている感じがして好きです」

成人後の変化として、モノを大事にするようになったという。

「もともとモノ持ちはいいほうなんですけど、より細かいところまで気にするようになりました。例えば、靴。ソールの裏にゴムを貼ると長持ちするので、一斉に裏貼りに出したりしましたね。最近読んだ本に、『モノに接するのと、人に接するのは同じ』というふうに書いてあって、本当にそうだなと思ったんですよ。モノを大事にしない人は、人に対しても同じように接してしまうかもしれない。どちらも丁寧に向き合いたいです。

今、欲しいモノですか? あ、仕事は欲しいです(笑)。私、仕事をして、終わったときにご褒美としてモノを買うタイプなんです。『しあわせのマスカット』の後はアクセサリーを買って、最近はブーツを買いました。ずっと気になっていたブーツで、高いので迷っていたんですけど、勇気を出してお店に行ったら、日本の在庫のラスト1足だったんです。今日履いてきたのは、そのブーツ。カツッカツッカツッと音を鳴らしながら歩いて、気合いが入りました」

「若いうちは、どんな作品、どんな役でも、チャレンジできるものに挑戦していきたいです」
福本莉子 2000年生まれ、大阪府出身。16年に第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し、芸能界入り。18年、『のみとり侍』で映画初出演。同年、ミュージカル『魔女の宅急便』に主演して初舞台を踏む。20年は、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』に浜辺美波、北村匠海、赤楚衛二とともに主演。また、ドラマ『歴史迷宮からの脱出~リアル脱出ゲーム×テレビ東京~』で地上波連ドラ初主演を果たした。その他の出演映画・ドラマに『映像研には手を出すな!』(20年)、ドラマに『パパがも一度恋をした』(20年)などがある。
(C)「しあわせのマスカット」製作委員会

しあわせのマスカット

自分がデザインした和菓子で、人を幸せにしたいーー。そう夢を抱いて和菓子メーカーに就職した相馬春奈。しかし配属されたのは、原材料を調達する部署。提携している農家の手伝いに行くと、偏屈で名高いぶどう農家の秋吉伸介に追い返される。それでも毎日通う春奈だったが、伸介はマスカット作りをやめようとしていた…。監督・吉田秋生 脚本・清水有生 出演・福本莉子、中河内雅貴、本仮屋ユイカ、土居裕子、長谷川初範、竹中直人 全国ロードショー中

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

MONO TRENDY連載記事一覧