秘密計算などの技術が普及すれば、データを保有する企業などはデータ提供への不安が軽減され、企業や業界をまたいでデータを集めやすくなります。NICTの盛合志帆・サイバーセキュリティ研究所長は「秘密計算でデータ提供への不安を解消し、ビッグデータ解析の条件が整えられる」と話しています。

盛合志帆・NICTサイバーセキュリティ研究所長「秘密計算、社会実装に近付く」

プライバシーや企業秘密を守りながらデータ解析を行う「秘密計算」の仕組みや、普及の見通しについて、情報通信研究機構(NICT)の盛合志帆・サイバーセキュリティ研究所長に聞きました。盛合さんは秘密計算の社会実装を目指した国の研究プロジェクトにも参加しています。

――秘密計算はどのようなもので、なぜ注目されているのですか。

盛合志帆・情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究所長

「秘密計算とは、データの中身を秘匿したまま計算ができる技術のことです。個人の健診結果や遺伝情報、購買履歴といった様々なデータを集めて解析を行ったり、人工知能(AI)の学習モデルをつくったりする場合、プライバシーや企業秘密にかかわる情報を安全に取り扱う必要があります」

「データを暗号化したままの状態でこうした計算ができれば、サイバー攻撃などで情報が漏洩した場合でもプライバシー情報などを守ることができます。また、こうした計算はデータを別の場所に移動・集約して行うことが多いわけですが、データ秘匿の技術を用意することで、データ提供者の不安に応えることができるでしょう」

「また、AIのディープラーニング(深層学習)によって、実社会で役立つモデルを作るためには、企業や業界をまたがって大量のデータを集めることが有効です。IT大手のGAFAなどに負けないよう大量のデータを集めやすくするためにも、秘密計算技術は有効な手段の一つでしょう」

――秘密計算にはどのような方法がありますか。

「主に2つの技術があります。一つが『準同型暗号』と呼ばれるデータを暗号化したまま足し算や掛け算が行える暗号化方式を使う方法です。出所の異なるデータそれぞれを暗号化した状態で計算を行い、暗号化された状態で得られた計算結果を暗号鍵で解いて、結果を得ます。コンピューターでは足し算と掛け算によってすべての計算ができるので、様々な計算をデータの秘密を守りながら進めることができます」

「もう一つが『秘密分散』と呼ばれる方法です。データを1つのコンピューター(サーバー)ではなく、複数のサーバーに分けて計算を行います。複数のサーバーが協調して計算を行い、最後にそれぞれの計算結果を集約します。個別のサーバーがサイバー攻撃を受けたりしてデータが漏洩しても、元のデータを復元することができない仕組みをつくることができます」

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら