2021/5/7

ドイツの古豪「A.ランゲ&ゾーネ」

すでに他の名門ブランドの時計をお持ちで、次はややマニアックなブランドがいいという方には、ドイツのA.ランゲ&ゾーネはいかがだろう。ここはドイツの時計の聖地グラスヒュッテに本拠を置くブランドで、旧ザクセン王国宮廷時計師の流れをくむ古豪。東西冷戦により長らく休眠状態だったが、1990年に復活し、以降スイスとは明らかに文脈の異なる荘厳なデザインと精緻な機構でコレクターを魅了してきた。だから趣味性の高さや非凡なセンスをアピールしたい向きには格好。とくに女性の企業トップがここの時計をしていたら、一目置かれるのは間違いないだろう。

〈男性〉超絶ワールドタイムをすっきり搭載

A.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1・タイムゾーン」

ランゲ1・タイムゾーン ケース:41.9mm、18Kピンクゴールド製、シースルーバック、3気圧防水 駆動装置:機械式手巻き、パワーリザーブ約 72時間 価格:606万1000円

「ランゲ1」は、1990年のブランド復活時から続く看板コレクション。時・分針をオフセンターに配置し、空いたスペースに大きな日付表示を置いたデザインは独自の美学を感じさせ、ディープな時計好きに愛されてきた。

こちらはそこにランゲが新たに開発したワールドタイム機構を搭載したモデルだ。2020年発表だが、このご時世、海外のビジネスパートナーとのオンライン会議も多いだろうCEOのために選出した。というのもこのモデル、操作が非常に簡単なのだ。8時の位置のボタンを押すと外周の24都市の名を記したリングが回転し、それと連動して第2時間帯表示用の小さなサブダイヤルが1時間ごとに進む。そしてビジネスパートナーのいる都市名が5時位置の三角マークに来たときには、サブダイヤルがその都市の時間帯を表示しているのだ。

しかもメインダイヤルとサブダイヤルそれぞれが中央に昼夜表示を備え、サブダイヤルにはサマータイム表示まで装備(三角マークの中心が赤になっているとその都市がサマータイムを実施していることを示す)。こんなにユーザーフレンドリーなワールドタイム機構を、ランゲ1の美しいデザインを崩さないように仕立てたのはさすがの技術力。海外出張が普通に行えるようになった日には、あなたの格を示すアイテムになるだろう。

〈女性〉美しい星空をそのまま盤面に

A.ランゲ&ゾーネ「リトル・ランゲ1 ムーンフェイズ」

リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ ケース:36.8mm、18Kホワイトゴールド製、シースルーバック、3気圧防水 駆動装置:機械式手巻き、パワーリザーブ約 72時間 価格:535万7000円

月の満ち欠けを表示するムーンフェイズは時計の盤面にロマンチックなおもむきを添える。だから憧れている女性は多いと思うが、よりラグジュアリーで、ステータス性もあるモデルが欲しいなら2017年にデビューした「リトル・ランゲ1 ムーンフェイズ」コレクションが間違いない。

写真は2021年の新作だ。この神秘的な文字盤は、シルバー無垢(むく)の表面にブルーゴールドストーンと呼ばれる層を重ねたことで実現したもの。表面には銅の粒子がキラキラとひらめき、ホワイトゴールド製の月と相まってまるで星空をそのまま封じ込めたようなエレガントさだ。それでいて遠目にはシックなダークブルーの時計ゆえ、ビジネススタイルにも違和感なくなじむのがいい。激務に追われるリーダーも、仕事の合間にこんな美しい時計を眺めれば気分をリフレッシュできるだろう。

Watch Special 2021

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2021」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2021はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
次のページ
実用時計のキング「ロレックス」
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram