キャデラック「XT4」 高級車をコンパクトSUVに凝縮

2021/5/16
キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)
キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)
webCG

キャデラック渾身(こんしん)のニューモデル「XT4」に試乗。はやりのSUVだからといって、ルックスだけの一台と思うなかれ。その仕立てや走りの質は、歴史あるアメリカンブランドのプライドを感じさせるものだった。

イケてる人にウケている

「売れ筋のカテゴリーに進出したな」

キャデラックXT4がブランドとして初めてのコンパクトSUVだと聞いて、多くの人がそう感じたはずだ。キャデラックXT4の全長は4605mmで、レクサスなら「NX」、メルセデス・ベンツなら「GLB」にあたるサイズ。世界的にみても活況を呈するセグメントだ。キャデラックは、「シボレー・マリブ」などに用いるエンジン横置きレイアウト用のプラットフォームを活用して、小さなSUVを仕立てた。

ここまでだと、なるほど、よくあるFFベースのSUVかと思う。けれども、実際にハンドルを握ると、“お手軽SUV”という先入観は覆された。

キャデラックXT4のラインナップは、ラグジュアリーな「プレミアム」、トップグレードの「プラチナム」、そしてスポーティーな「スポーツ」の3グレードで、今回試乗したのは「スポーツ」。パワートレインは3グレード共通で、いずれも2リッター直列4気筒ターボエンジン+9段ATとなる。

キャデラックのフラッグシップSUVである「エスカレード」の弟であることがはっきりとわかるXT4のフロントマスクは、好き嫌いが分かれるだろう。

と書いてはみたものの、いまやアメリカのみならず世界中のヒップホップ愛好家たちの憧れのクルマは、キャデラック・エスカレード。しばしばラッパーたちのミュージックビデオに登場するからだ。「好き嫌いが分かれるだろう」なんて書くのは昭和のクルマ好きだけで、これこそモード最先端なのかもしれない。

ただし、インテリアは昭和のクルマ好きも納得のもの。キャデラックは伝統的に本物の素材にこだわっていて、レザーやウッドを使う一方で、アルミ調や木目調は使わない。キャデラックXT4のインテリアもこのルールにのっとり、色艶と手触りのいいレザーなどでドライバーをもてなしてくれる。

「XT4」はキャデラックのラインナップで最もコンパクトなSUV。2018年1月に世界初公開され、日本では2021年1月に発売された。
シャープなラインが縦横に伸びる、特徴的なヘッドランプ。「ナイフのブレード」と形容されるデザインで個性を主張する。
“本物の素材”にこだわる「XT4」のインテリア。日本仕様車のハンドルの位置は左のみとなる。
シート表皮は全車本革。今回試乗した「XT4スポーツ」の前席には、ヒーターやマッサージ機能が備わる。
次のページ
いわば高級車の凝縮版
MONO TRENDY連載記事一覧