サムスンの新ハイエンドGalaxy 15万円の価値はあるか

購入したGalaxy S21 Ultra 5G。NTTドコモの公式オンラインショップでの販売価格(新規購入時)は税込み15万1272円

スマートフォンはとっくにコモディティー(日用品)化しており、昨今は3万円台のミドルレンジクラスで、性能とバランスのとれた製品が増えている。とはいえ、ハイエンドクラスの製品の機能・性能はやはり素晴らしく、捨てがたい。今回、韓国サムスン電子が新たに投入したハイエンドモデル「Galaxy S21 Ultra 5G」を自腹で購入したので詳しくレビューしていこう。ちなみに割引などを受けないと、価格は15万円を超える(販売するNTTドコモの公式オンラインショップの場合)。

僕は仕事柄、ほぼ毎年のようにGalaxy Sシリーズのハイエンドモデルを購入している。昨年からは当時のハイエンドモデル「Galaxy S20+」を使っていたので、1年ぶりの買い替えとなる。

実はデジタルペンによる手書きがとても好きなので、毎年のように、専用の「Sペン」による手書き入力が可能な「Galaxy Noteシリーズ」を買おうかと悩んでいた。しかし、さすがに年2回もハイエンドスマホを買うのは予算的に厳しく、ふみとどまっていた。そこに今回、Galaxy Sシリーズのハイエンドモデル「Galaxy S21 Ultra」が手書き入力に対応したので、思わず飛びついたというわけだ。

これから最高性能のスマホの魅力をひもといていこう。人によってはいくつかの項目について「おなかいっぱい」なのはわかっている。だがレビューとしては、そこに気付いていただくのも面白いと思っている。

「Ultra」という名前だが、大きさはさほどでもない

Galaxy S21シリーズは3つのモデルがある。ディスプレーサイズの小さい順に並べていくと、Galaxy S21(6.2インチ)、Galaxy S21+(6.7インチ)、Galaxy S21 Ultra(6.8インチ)となる。

今回、購入したGalaxy S21 Ultraは幅76×高さ165×厚さ8.9ミリ。片手で使うには大きすぎるし、ポケットに入れるのも厳しい。重さもヘビー級で、カタログ値で228グラムもある。カバンに入れて持ち運ぶことになるだろう。

本体の高級感、完成度は言うことなし。背面はガラス製で、仕上げはつや消しとなっている。これは今シーズンのトレンドで多くのモデルが採用しているが、安価なモデルだとディスプレーのガラスとボディーとの間に樹脂を挟み込んでいるのが見えてしまう。その点、Galaxy S21 Ultraではそうしたことは全くない。細部の仕上げまで完璧のひと言だ。もちろん、防水・防じんに対応している。

背面は非常に美しい
本体カラーは「ファントムブラック」と「ファントムシルバー」の2色。今回はファントムブラックを選んだ
重さはキッチンスケールによる実測で226グラムだった
次のページ
性能は素晴らしく画面にうっとり
MONO TRENDY連載記事一覧