SKY-HI 自分を殺すチームワーク、グループに不要SKY-HIインタビュー(下)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

AAAのメンバーとソロラッパーの両輪で自身の活動の枠を広げてきたSKY-HI。2020年はレーベル&マネジメント会社である「BMSG」を立ち上げた。BMSGはBe My Self Groupに由来し、自分のままで、自分らしく才能を開花させられる環境を意図する。

1986年12月12日生まれ、千葉県出身。05年AAAのメンバーとしてデビュー。同時期からSKY-HIとしてソロ活動を開始、MCバトル等に参加。代表曲に『アイリスライト』『カミツレベルベット』他、アルバム『JAPRISON』他。20年にBMSG設立、代表取締役CEOに就任(写真:上野裕二)

BMSG設立と同時に始動したボーイズグループのオーディションを追う番組「THE FIRST」。日本テレビ系『スッキリ』で4月2日から密着企画を放送、Huluで同日20時から完全版を配信している。オーディション課題曲はChaki Zulu、Sunny Boy、☆Taku Takahashiらが提供し、結成するボーイズグループは22年中にCDデビューする予定だ。

彼は今、何を考えているのか――。その胸中に迫る本インタビュー。前回の「SKY-HI 「幸せじゃない」と感じてレーベル立ち上げ」に引き続き、今回は才能の国外流出への危機感、オーディションの重圧などについて語る。

日本の才能を殺したくない

「才能が国外に流出するのは当然の状況」とSKY‐HIは語る。

「なぜK‐POPがこんなに盛り上がっているのか。目線の数だけ見方があると思いますけど、僕はシンプルに『クリエーティブを最優先に考えていて、そのうえで最近はアーティシズムまで出だしたから』だと思います。08年のBIGBANGの登場以降は特にそう感じます。BTSに至ってはスタンスやメッセージを入れることにも成功している。カウンターカルチャーってそういうところから生まれると思うんですよね。みんなが前を向いて進んでいるときに。

でも、今の日本でそれが生まれる予感がほぼないんです。やっぱり業界自体に元気がないから。そうなると、才能も集まらない。才能は生かしてくれる場所や高く買ってくれる場所に集まるから、今、みんながこぞってYouTubeを始めるのも当然の流れですよね。

インターネットのスピード感で言うと、ムードや潮流って3カ月ごとぐらいに変わります。そのスピードで新陳代謝して作り直し続けているイメージが、韓国は強いです。追随するように、他のアジアの国々もどんどんレベルを上げています。20年くらい前までは日本がアジアNo.1のエンタテインメント大国だったなんて、今の若い子に言っても信じてもらえなそうですよね(笑)。

だから、自分が日本でそれをやります。まず初めに大事なのは、旗を揚げること。日本に人的資源が豊富なことは分かっていたので。彼らが一様に口をそろえて言うのが、『日本国内に行きたい事務所がない』。今回のオーディションでも、特技に『韓国語』を挙げた子も少なくない。そんな状況だからこそ、まず、旗を揚げることが大事だったんです。

僕自身が影響力を持った状態で『やる』と声を上げるのであれば、それが説得力に変わり、ローティーンから20代まで、同じような意志を持った子には届くと思ったし、集まってくれるだろうと思っていました。自分が現役のアーティストであるからこそ、自分がどんな行動をして、自分の中にあるもやもやとした感覚を1つひとつ言語化していけば、共鳴してくれる人はいると信じていました」

注目記事
次のページ
「人を選ぶ」という重圧