2021/5/13

テーラードスーツをノータイで着るなら

「ジョンスメポロ」が最適解だ

春のノータイスーツスタイルにはニットポロが欠かせない。定番として真っ先に名が挙がるのはジョン スメドレー。襟元に宿る不変のエレガンスは、紳士のワードローブに必須だ。

Style Point ニットポロのエレガンスは襟元に宿る

ビジネスシーンでは襟元はしっかり第一ボタンまで留めることを忘れずに。コンパクトに結んだスカーフを挿すだけでも、洗練度がグッとアップして見える。大人の洒落(しゃれ)感と余裕が漂う。

スーツ16万3000円/カルーゾ(シップス 銀座店) スカーフ3万6000円/ベグ(ボーダレス) ※ポロシャツは下のジョン スメドレーと同じ。

クラシックな趣あるロングポイント襟

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)[ Knit ]

上着のラペルへきれいに納まるとがった襟先

ジョンスメのニットポロといえばこちら。製品に使われている最高品質のシーアイランドコットンは、シルクの光沢とカシミヤの肌触りを併せ持つ最高級の天然素材。最新の機械を導入しながらも手作業で丁寧に行う工程が多い。とがった襟先はイングリッシュカラーとも呼ばれ、一目でジョン スメドレーだとわかる。各2万6000円(リーミルズ エージェンシー)

英国の定番ニットポロはエグゼクティブにはマストな一枚

秋冬らしいノータイスタイルでは、タートルネックをテーラードスーツに合わせていたように、暖かくなってきた春先には、繊細なニットポロを合わせてみよう。首まわりがスッキリするうえに、襟の長さもクラシックで、清潔感を保ちながらも、いい意味で力の抜けた着こなしに仕上がるはずだ。

特に、ビジネスシーンに合わせて洗練されたコーディネートを愉(たの)しむなら、フォーマル度の高いハイゲージがベター。色柄についても、なるべく控えめなものを選び、カジュアル感が強くならないように注意したい。そんな時、英国の老舗、ジョン スメドレーなら、まず間違いない。30ゲージという繊細さで編み上げたニットからは、リラックスした気品が感じられる。カラーバリエの豊富さにおいても申し分ない。

※表示価格は税抜きです。

撮影=野口貴司(SanDrago)、筒井義昭、若林武志〈静物〉、鈴木泰之、小澤達也、恩田拓治、武蔵俊介 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=馬場拓也(SEPT)、吉村 健(AVGVST) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、間中美希子、伊澤一臣、柳澤 哲 撮影協力=バックグラウンズファクトリー、EASE イラスト=林田秀一

MEN'S EX

[MEN’S EX Spring/Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.