『春を告げる』のyama 余計な情報をそぎ落としたい特集 最新ヒット&ブレイクの作り方(2)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

急速に進んだエンタ界のデジタル化を背景に、ヒットの作り方が大きく様変わりした。新たなスターを次々と生み出す「TikTok」や「オーディション」のトレンドからオンライン化でチャンスが広がる「バーチャルワールド」「カタログ」まで、ブレイク&ヒットの最新事情を探っていく。第2回で取り上げるのは、昨年TikTokで多くのユーザーたちが『春を告げる』のカバー動画を上げ、一躍大注目の存在となったシンガーのyama。SNSに対する思いや、プロフィールを明かさないセルフプロデュース術、そして曲作りの秘訣に迫った。

<<特集 最新ヒット&ブレイクの作り方(1)「TikTok ライブ配信に投げ銭機能、独自ドラマも制作」

◇  ◇  ◇

2020年4月に配信リリースした『春を告げる』が、TikTok上で数々の動画に使用され、Spotifyのバイラルチャートで1位を獲得。ブレイクアーティストに仲間入りし、10月にメジャーデビューしたyama。

2018年にYouTubeで歌い手として活動を開始。20年4月発表の初のオリジナル曲『春を告げる』はTikTokで火がつき、ミュージックビデオの再生数は7600万を超える。同年10月に『真っ白』でメジャーデビュー。最新シングル『麻痺』は、アニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』の主題歌に

18年から歌い手として活動を始め、YouTubeにボカロ曲のカバー動画を中心に上げ続けていたところ、ハスキーな歌声と圧倒的な歌唱力が話題に。19年には、人気ボカロP・くじらに誘われ『ねむるまち feat. yama』にボーカルとして参加。着実に知名度を上げてきた。

TikTokで話題になっていることに気づいたのは、YouTubeの再生数が一気に上昇していたからだそうだ。

「リリースから1カ月経った5月頃から、YouTubeの再生数が急に伸び始めたんです。ただ自分はTikTokをやっていなかったので、最初はわけが分からなくて(笑)。その理由を紐解いていったら、TikTokに『春を告げる』を使用した動画がたくさん上がっていると知ったんです。

ミュージックビデオ(MV)の再生数が伸びていくのはすごくうれしかったんですけど、その反面、ちょっと怖いというか、実力が数字に追いつけてないんじゃないかという焦りも正直ありましたね。

今もTikTokには、『春を告げる』をはじめ、自分の楽曲を使った動画がたくさん上がっていますが、特にうれしいのはカバー動画が多いこと。もともと自分も、ボカロ曲をカバーしてYouTubeに上げていました。それは、「難しい曲を歌いこなしたい」という思いから。それと同じような気持ちで、自分の歌に挑戦してくれていると思うと、ありがたいですね」

次のページ
共同作業の楽しさを知った
エンタメ!連載記事一覧