進化したペン 超極細に3色型も、黒の色味に6タイプ今旬ときめきステーショナリー

機能性や個性に特徴がある最新ペン
機能性や個性に特徴がある最新ペン

文具の中で人気の高い「ペン」に技術革新が起きています。超極細の線が書ける3色ボールペンや、ニュアンスの異なる6つの黒色を選べるボールペンなど、機能性に加え、個性を発揮できるペンが増えています。そこで今回は今注目したい最新のペンを厳選紹介します。

0.28ミリ超細字3色ボールペン

三菱鉛筆の「ジェットストリーム エッジ」は、滑らかに書ける低粘度油性ボールペン「ジェットストリーム」の新シリーズです。油性ボールペンで初めて(※)、世界最小のボール径0.28ミリの超極細の線が書けるボールペンで大ヒットしました。今までは単色のみの販売でしたが、3色モデルの「ジェットストリーム エッジ3」が2020年11月から新たに加わりました。

(※)2019年8月三菱鉛筆調べ

写真左からツートンターコイズ、ホワイトレッド、ブラック

「ジェットストリーム エッジ3」は、機能性とデザイン性が両立した3色ボールペンです。名前に含まれている「EDGE(エッジ)」という言葉には「鋭さ」「切れ味」「限界」といった意味があります。本体のデザインや個性的なワイヤクリップ、ペン先に至るまでこだわりぬいたペンです。軸色のカラーはツートンターコイズ、ホワイトレッド、ブラックの3色で価格は各2750円(税込み)です。

インクは黒・青・赤の3色

「ジェットストリーム エッジ3」は、低粘度油性インクの「ジェットストリームインク」を使用しているので、濃くはっきりとした線を、なめらかに書くことができます。速乾性に優れているので、インクが手につかないのもポイントです。ボール径が0.28ミリなので、とにかく細く繊細な線が書けます。

軸後端のダイヤルを回すと色が切り替わる

インクの色の切り替えには、新たに開発した「スピロテック機構」という仕組みが使われています。一般的な多色ボールペンはリフィル(替え芯)が定位置にあります。スライド式のレバーを下に押すと、ペン先に向かって繰り出される仕組みです。ただ、筆記時の安定度が若干弱いというデメリットがあります。

一方、スピロテック機構は特殊な繰り出し方式で、すべてのリフィルがペン先に向かって真っすぐ出ます。このため単色ボールペンに近い安定感があり、書き心地も上々です。3色のリフィルは、軸後端のダイヤルを回して切り替えます。軽い力で簡単に回すことができるので、片手でも色を変えることができます。

5ミリ方眼のマス目にフィット

最近は手帳やノートといった紙製品の中で、方眼やドットケイ線といったケイ線が細かいフォーマットの人気が高まっています。小さいマス目の場合、ボール径が太いとうまくマス目に合わせて書き込めず、はみ出したり字が汚く見えたりすることがあります。「ジェットストリーム エッジ3」は、描線幅がさらに細く、方眼のマス目に合わせてスラスラと文字を書くことができます。新開発の「ポイントチップ」が搭載されているので、ペン先が見やすく細かい文字もしっかり書けます。

次のページ
微妙な黒のニュアンスにこだわった6色を用意