震災に寄り添う写真家がアドバイス 癒やしのススメ

「自分ができることで、つらい思いをしている人の心に寄り添って」と語るAMIY MORIさん
「自分ができることで、つらい思いをしている人の心に寄り添って」と語るAMIY MORIさん

東日本大震災から10年が過ぎた今、世界は新型コロナウイルス禍が続く。何気ない日常が突然変わってしまう。そんな不安を誰もが抱える日々だ。だからこそ、何が必要なのか。震災直後から映画上映を仮設住宅などで展開した経験を持つ写真家で、世界に日本の魅力を発信するサイト「japan-search.jp」CEOのAMIY MORI(エイミー モリ)さんは「自分ができることで、つらい思いをしている人の心に寄り添って」とアドバイスする。

2021年3月中旬、MORIさんは男乕(おのとら)美歩さんと10年前を振り返っていた。MORIさんは気仙沼湾(宮城県気仙沼市)を光で彩るイベントをプロデュースした。電飾の取り付けなどを手伝ったのが、気仙沼女子高校の3年生だった男乕さん。現在は石巻赤十字病院(宮城県石巻市)で看護師として働いている。

イルミネーションを手伝った男乕美歩さん(左)ら気仙沼女子高校の生徒たち(当時)とAMIY MORIさん(左から2番目)。高校は14年に廃校になった=AMIY MORIさん提供

「吹雪の中を一軒ずつまわって、電球を配ったり取り付けたりして、大変だったよね」「本当に、寒かったです。懐かしい良い思い出です」。2人は異口同音に語った。「気仙沼のクリスマスのイルミネーションは来年で10年。今も続いているのをまたみんなで見れるといいね」

イベントが始まるきっかけは、気仙沼市の地元青年の依頼だった。「気仙沼の冬は何もない。何か考えてほしい」。震災翌年の10月、こんな話が舞い込んだ。世界各地で写真を撮り、20年以上クリスマスシーズンの写真撮影をしてきたMORIさんは、気仙沼湾を見たとき「北欧の風景に似ている」とピンときた。西洋のクリスマスシーズンをほうふつさせる夜のイルミネーションをここに。引き受けるにあたり「10年間は続ける」ことを条件にした。「男乕さんらが将来、子どもと一緒にイベントに訪れた際に『私が始めたのよ』と自慢できると、すてきでしょ」

光が生きる勇気を与えた

宮城県気仙沼湾を「まるで北欧のようだ」と感じ、ライトアップするイベントをプロデュースすることにした(12年10月)=AMIY MORIさん撮影・提供

MORIさんが関わったのは12年12月に開いた初回だけだが、願った通り地元の有志がイベントを続けている。初めて真っ暗だった気仙沼湾の海に光がともると、被災した住民が「光があるだけで生きる勇気が出る」と涙を流した。とにかく最初は必死だったと振り返る。「予算も時間もないが、被災し傷ついた人々の心に自分ができることで寄り添おう」。発光ダイオード(LED)電球は、専用ウェブを通じて全国に「あなたの街の光を下さい」と募集した。さらに、東京の企業に資金協賛を募り、宮城県が本社の大手企業が200万円分のLEDライトを提供してくれた。地元青年団はイルミネーションで有名な東京・表参道の商店街振興組合に貸し出しを依頼した。

次のページ
映画上映で心をケア