【写真で見る】原点は神田ガード下 浅丘ルリ子の故郷

 映画「男はつらいよ」シリーズのマドンナ役として最も多く登場するのが、浅丘ルリ子さん(80)が演じた歌手リリー(計50作中で6回登場)。カラッと明るい姉御肌で、主役の寅さんと相思相愛の仲になるシリーズには欠かせない役どころだ。その役柄を生む原点になったのが、ルリ子さんが少女時代を過ごした東京・神田のガード下だったのをご存じだろうか?

【本編「歌手リリーの原点は神田ガード下 浅丘ルリ子の故郷」はこちら】

薄暗くジメジメした飲み屋街、今川小路が「心の故郷」

「今川小路」にあった浅丘ルリ子さんの旧自宅(「大松」の看板が掲げられた左手前の角地、千代田区鍛冶町1丁目=2016年6月14日撮影)
取り壊された「今川小路」と旧自宅(2021年4月16日撮影)

「裕福な生活」と「下町暮らし」、初恋の思い出も

少女時代の浅丘ルリ子さん

生い立ちがリリーを生んだ、山田監督が役柄を変更

 

リリー役として出演した「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」とデビュー作「緑はるかに」のDVD

人気女優になっても偉ぶらない、皆に慕われた姉御

新装オープンした「次郎長寿司」で接客する梶山健一さん。ルリ子さんの自伝(手前)は大切な宝物だという。
同級生の梶山健一さんが経営していたスナック「るり」と「次郎長寿司」(JR神田駅南口近く、現在は移転)

【本編記事】「歌手リリーの原点は神田ガード下 浅丘ルリ子の故郷」はこちら

(編集委員 小林明)

エンタメ!連載記事一覧