クレカ払いでの出費に注意 用途でカード使い分けも

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

お金を上手に管理して計画的にためていくポイントは「ルール作り」。前回は口座を目的別に分けて、先取り貯蓄をし、残ったお金の引き出し方を決めてルーティン化する方法をご紹介しました。ただ、クレジットカードでの支払いがあると、それをどうルール化するか迷うこともあるのではないでしょうか。今回はクレジットカードの管理の仕方を考えます。

カード払いが増えると管理しづらくなることも

日本は他国に比べてキャッシュレスが普及していないといわれますが、クレジットカードは広く利用されています。20代から60代の男女を対象にしたJCBの2020年度版「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードの保有率は約87%、平均保有枚数は3枚。カード決済が多い業種の上位3つは、スーパー、オンラインショッピング、携帯電話料金となっており、クレジットカードが幅広く、そして日常的に利用されていることがわかります。水道光熱費や生命保険料、新聞代などをカードで支払ったり、交通系ICカードでクレジットカードからのオートチャージを使ったりしている人も多いでしょう。

カード払いならポイントもたまるので、なるべくカードで払いたいと思う半面、カードがお金の管理をしづらくしている面もあるようです。

食料品から旅行費用までなんでも1枚のクレジットカードで支払っていると、何にいくら使ったかわかりにくくなりがち。利用した日から引き落としされる日まで1カ月以上ある場合もあり、支出を把握しづらくしています。

カードのルール作りは2パターン

こうした悩みも、自分でルールを決めることで解消できます。クレジットカードをお金の管理のルールに組み入れる方法は2つ考えられます。

(1)カードを使い分ける

生活費用のカードと、それ以外の支出用のカードを分ける方法です。

ルール作りで大切なのは、日常の生活費と年間支出用の口座を分けること。クレジットカードもそれに合わせて使い分けるわけです。スーパーでの食料品・日用品の買い物や、水道光熱費、新聞代、スマートフォンの料金などには生活費用のカードを使い、メインの口座から引き落とし、生活費以外の支出や臨時費用には別のカードを使い、年間支出用の口座から引き落とす、というふうに分ければ管理しやすくなります。

パートナーがいて、生活費、年間支出のほかに、自分のお小遣いという費目がある場合は、別途お小遣い用のカードを作るとよいでしょう。

(2)引き落とし専用口座を作る

カード代金の引き落とし専用口座を作る方法です。

支払いはすべて1枚のカードで行い、毎月1回、カードの明細を見て、生活費関係はメインの口座から、それ以外のものは年間支出用の口座から、カード専用の口座に移します。カード利用料の引き落とし日に合わせてお金を移す日を決めておくとよいですね。

お金の移動は、口座からATMで引き出してカード用口座に入金する方法もありますが、「月〇回まで振込手数料無料」という銀行を利用して、ネットバンキングでカード用口座に移動させれば簡単です。

1枚のカードで、生活費、年間支出と自分のお小遣いも支払う場合、利用明細の中から、お小遣いとして使ったものをピックアップして、その合計額を自分の口座からカード専用口座に移せばOK。

このやり方は、カードが1枚に集約されてポイントが効率的にためられるというメリットがあります。ただし、明細を見て、1項目ずつ何に使ったお金なのか判別して分類したり、お金を移動させたりするのが面倒かもしれません。

次のページ
支払日の決め方も2通り