納豆、味噌、豆腐… 大豆食品と前立腺がんの関係は

日経ヘルス

大豆食品の摂取量が多いほど前立腺がん死亡リスクが高くなった。写真はイメージ=(C)jedimaster-123RF
大豆食品の摂取量が多いほど前立腺がん死亡リスクが高くなった。写真はイメージ=(C)jedimaster-123RF
日経ヘルス

どんな食事が病気の予防になるの? また、どんな習慣がアンチエイジングにつながるの? 世界中で進む、“健康”にまつわる研究について、注目の最新結果をご紹介します。今回は、大豆食品と大豆に含まれるイソフラボンと前立腺がんの関係について。納豆や豆腐などの大豆食品は日常よく食べられているので気になるところです。詳しく見ていきましょう。

大豆食品の摂取が多いと前立腺がん死亡のリスクが高い可能性

納豆、味噌、豆腐などの大豆食品と大豆に含まれるイソフラボンの摂取量が多い男性ほど、前立腺がんで死亡するリスクが高いことが、国立がん研究センターによる日本人対象の大規模調査で明らかになった(Int J Epidemiol.; 電子版Sep 23, dyaa177,2020)。

がんや心血管疾患の既往歴のない45~74歳の男性4万3580人に、質問票を使って食品ごとに摂取頻度を記入してもらった。1995年から2016年までの追跡調査(平均16.9年間)で前立腺がんによる死亡は221人だった。

イソフラボンの摂取量で5つのグループに分けたところ、最も多いグループは、1日あたり味噌を約26g、豆腐を約66g、納豆を約37gとっていた(いずれも中央値)。

解析の結果、イソフラボンの摂取および大豆食品の摂取は前立腺がん死亡リスクの増加と関連していた。大豆食品の総摂取量が最も多いグループは最も低いグループに比べて、前立腺がんの死亡リスクは1.76倍高かった。

前立腺がんは比較的進行がゆるやかで、早期にはがんの病巣が前立腺の中にとどまっている。しかし、進行して、がんが前立腺を超えて広がったり、ほかの臓器にも転移したりすると、進行前立腺がんといわれる。疫学データで大豆やイソフラボンの摂取は前立腺がんの発症を予防すると報告されてきたが、最近では進行前立腺がんの発症リスクを高めるという報告も出てきた。

また食品別に見ると、味噌は摂取量が多いほど前立腺がん死亡リスクが高くなったが、納豆ではその傾向は見られなかった。納豆は味噌と比べて食物繊維やたんぱく質が多く、それがイソフラボンの作用を抑えている可能性があるようだ。

(文 八倉巻尚子=ライター)

[日経ヘルス2020年2月号記事を再構成]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント